FC2ブログ
最近読んだ本
本を読む人

蓮

Author:蓮
ミステリーやらエッセイやら何やかや、その都度気になった本を読んでいます。
最近はファンタジーもちょこちょこと。

月別読破数
リンク
RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
818位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
468位
アクセスランキングを見る>>


コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

古事記異聞 オロチの郷、奥出雲 / 高田崇史



古事記異聞 オロチの郷、奥出雲 (講談社ノベルス)

2018.10.3. / 株式会社講談社



橘樹雅は、この春所属する予定の大学院研究室の准教授・御子神伶二の言葉によって奥出雲に行くことを決める。
一方、奥出雲では亀嵩付近で殺人事件が起きていた。
「素戔嗚尊」や「櫛」とは何かを調べる過程で、彼女が見つけた事柄とは!?

シリーズ第2弾。



前作の続きになります。
御子神の言葉により旅行の日程を変更して奥出雲に向かうことにした雅。
奥出雲でもまた事件に関わることになります。
そして、前作に引き続きのハードスケジュール。
一日でそんなに巡るなんて本当に凄いなと思います。
私だったらその四分の一も回れるかどうか…
それにしても、奥出雲って凄いですね。
素戔嗚尊にまつわる話も色々。
歴史というものの奥深さをまた感じました。
また、人の想いの強さというのも凄まじくも恐ろしいものだなとも思いました。
昔の人は現代よりも、もっと繊細に色々な事象を捉えていたのでしょうね。
今回は前作と強く繋がっています。まさか、このような結末を迎えるとは思いませんでした。
そして、最後の御子神たちの言葉の意味も気になります。
最新刊も楽しみです。



スポンサーサイト



2018.12.25(Tue) | お知らせ | cm(0) | tb(0) |

小説 君の名は。 / 新海誠



小説 君の名は。 (角川文庫)

平成28年6月25日 / 株式会社KADOKAWA



山奥の田舎町に住む女子高生・三葉と、東京に暮らす男子高生・瀧は、行ったことのない場所で違う人生を歩んでいる夢を見る。
そして、お互いが夢の中で入れ替わっていることに気付く。
これは二人の入れ替わりがもたらす、甘く切ない奇跡の物語。

長編アニメーション映画『君の名は。』の監督が執筆した原作小説。



まず先に、映画を観ました。
そして、その原作小説があることを知り、この本を手に取りました。
映画を先に観たため物語を読み進めて行く中で、頭の中では映画のシーンが再生されます。
この時、三葉はこうだった。こう考えていた。
この時、瀧はこうだった。こう考えていた。
と、映画をより深く知って行くような感じでした。
映像とはまた違い、文章で伝える事。
もし、この小説から先に読んでいたら、映画を観た時の感じ方も違ったかもしれません。
結末を知っていてもなお楽しめる一冊でした。
ふたりの入れ替わりがもたらす、奇跡。
本当に凄いなと思いました。
願わくば、後日談も読みたかったです。あれから二人がどうなったのか、どうなって行くのかを。
素敵な物語をありがとうございました。




2018.08.31(Fri) | お知らせ | cm(0) | tb(0) |

最後の晩ごはん お兄さんとホットケーキ / 椹野道流



最後の晩ごはん お兄さんとホットケーキ

夏神の過去が気になりながらも、ばんめし屋で修業を続ける海里。
ある夜、ばんめし屋を訪れた女性客は、なんと海里の兄の婚約者だった。
彼女と接する内に少しずつ変わって来た海里。
長い間、軋轢があった兄弟間に変化が訪れるのだろうか。

シリーズ第3弾。



今回も泣けました。
もうね、夏神さんの過去にも泣けたというか切ないというか。
そして、海里の兄の一憲さんの婚約者さんの素晴らしいこと。
人柄が良くて、頭が切れて、本当に素敵な人でね。そんな人に私もなりたい。いや、なれないけれど。近づきたい。
彼女と海里のやり取りもほんわかしたり、ハラハラしたりがあって。
海里も兄の一憲さんと向き合うきっかけをもらったりで、最後はほっこりしました。
心に傷がある人ほど、こうも優しくなるのでしょうか。
もちろん、ロイドも大活躍。
しんみり、じんわり、ほっこりなお話でした。
次回作も楽しみ。またハンカチの準備しとかなくちゃね。


誰かが生きろって言ってくれるのは、こんなに嬉しいことなんだって(中略)ただ『生きてていいよ』って言ってもらえるのは、それだけですっげー許されたって気がする。


何があっても、過去は消えへん。(中略)こんな俺でも命を繋ぐことができたんやって思えたら、ちょっとだけ救われた気にはなれるかもしれん


食い物を分かち合う間柄に、マイナスの感情ばっかりはありえへん。


ほんま、情けは人の為ならず、や


だけどここでは、さすがに牛や豚は違うけど、魚も鶏も野菜も丸ごとだろ。やっぱ、食材以前に、これは命なんだなって感じるんだ


みんなで、って言えることが……『みんな』が自分の周りにいてくれるってのが、幸せなんだよなあ、結局




2016.12.09(Fri) | お知らせ | cm(0) | tb(0) |

12月に読んだ本

鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐


<独角>の頭のヴァン。天才医術師ホッサル。それぞれの黒狼熱との戦いが始まる。



日本人の知らない日本語4 海外編


海外で日本語を学んでいる人たちを著者たちが取材。



月光の誘惑


様々な愛の形がまるで月光のように人々を惑わす。



レオナルド・ダ・ヴィンチ (小学館版学習まんが人物館)


「最初の近代人」と呼ばれるレオナルド・ダ・ヴィンチの一生。



真庭語 初代真庭蝙蝠 初代真庭喰鮫 初代真庭蝶々 初代真庭白鷺 (講談社BOX)


時は戦国の世。初代真庭忍軍十二頭領の話。



ムカシ×ムカシ (講談社ノベルス)


資産家の百目鬼家当主夫妻が殺された。美術品の鑑定とリスト作成がSYアート&リサーチに依頼される。



サイタ×サイタ (講談社ノベルス)


連続爆弾魔:チューリップが世間を騒がせている。そんな中、ある人物を調査して欲しいとの依頼がSYアート&リサーチに舞い込む。



私と悪魔の100の問答 Questions & Answers of Me & Devil in 100 (講談社ノベルス)


これは私と悪魔・・・ハズレ君の100の問答の話。正しい答えはありません。



鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐


ヴァンとホッサルが遂に出会う。彼らの黒狼熱との戦いの行く末は・・・




ひとり暮らしな日々。


「東京で絵の仕事がしたい」と上京してきた著者。初めての家探しから始まったひとり暮らしのあれこれを描く。



三毛猫ホームズの幽霊クラブ (角川文庫)


ドイツの古城を改装したホテルで休暇を過ごすホームズ一行。そこで四人の女の子に出会い…



神様の御用人 (メディアワークス文庫)


宣之言書(のりとごとのしょ)を託された良彦は、神様の御用人となる。



とりかえばや物語 (文春文庫 た 3-51)


権代納言家の姫君・春風と若君・秋月。春風は男の子のように、秋月は女の子のように育つ。



スティーブ・ジョブズ (学習漫画 世界の伝記NEXT)


コンピュータを私たちの身近なものにしてくれた情熱溢れる人物の一生。



井伏鱒二―福山が生んだ偉大な作家 まんが物語 (まんが「福山を知ローゼ」)


「山椒魚」「黒い雨」で知られる井伏鱒二の一生。




12月は15冊読了した。読了した本と紹介した本の数が一緒だった。嬉しいことだ。

上橋菜穂子さんの「鹿の王」は本当に感動した。流石、本屋大賞受賞作。

「Xシリーズ」は最新作が出るのが楽しみ。また森博嗣さんの本を読み始めることが出来た。

上遠野浩平さんの「ソウルドロップシリーズ」以外を初めて読んだ。面白かった。ソウルドロップシリーズの続きが早く読みたい。

赤川次郎さんの「三毛猫ホームズシリーズ」をまた読み始めた。これは一気に読んでしまいたい。シリーズ以外の著書もやっぱり面白い。また色々読みたいな。

浅葉なつさんの「神様の御用人シリーズ」は泣けた。是非とも続きを読みたい。

田辺聖子さんの古典の現代語訳シリーズも少しずつ読みたい。

伝記モノはどれも面白い。

良い本に出会えて幸せだな。

でも、読みたい本が多すぎるのに自分が遅読なために中々追いつけなくて悔しい。

もっと読んで色んな世界に出会えたら良いな。

2016.01.02(Sat) | お知らせ | cm(0) | tb(0) |

11月に読んだ本

婚活刑事-花田米子の絶叫- (TO文庫)



花田米子。28歳、刑事、婚活中。好きになる人は何故か「犯罪者」ばかり。



毒草師 白蛇の洗礼 (講談社ノベルス)



茶道の濃茶席で毒殺事件が起こった。相次ぐ毒殺の真相と、千利休の秘密とは・・・



北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)



北欧スウェーデンから日本にやってきた著者が見つけた、日本の不思議を4コマで紹介。



異人館画廊 盗まれた絵と謎を読む少女  (コバルト文庫)



図像術を英国で学んだ此花千景。祖父の死をきっかけに帰国した彼女を待ち受けていたのは、図像術に関する盗難された絵画の鑑定だった。



幻獣坐2 The Ice Edge (講談社ノベルス)



優々希と冬弥の前に現れたのは、国際的爆弾テロリストと一人の少女だった。



火花



若手漫才師徳永が師と仰ぐ神谷と出会ってからのあれこれ。



異人館画廊 贋作師とまぼろしの絵 (集英社オレンジ文庫)



ブロンズィーノの贋作があると言う噂を聞いた千景と透磨。それを探す中で、千景は透磨の元恋人と出会う。



スクラップ・アンド・ビルド



健斗、28歳。3年前から同居する祖父の介護と、自身の就活。



郵便配達人 花木瞳子が盗み見る (TO文庫)



花木瞳子、21歳、郵便配達員だ。ある日、配達する手紙の中身を見てしまった彼女は、その謎を解こうとして恐ろしい事件へと誘われる。



猫だって鼻提灯くらいできるもん。



ほっこりする猫たちの写真集。



ショパン (小学館版学習まんが人物館)



ポーランド出身のピアニスト、フレデリック・ショパンの一生。





11月は初めて読む著者さんの本というのが多かった。
「婚活刑事」シリーズ、「異人館画廊」シリーズ、「郵便配達人」シリーズは今後も読んでみたい。
「毒草師」シリーズ、「幻獣坐」シリーズは最新作が出るのが楽しみだ。
「火花」「スクラップ・アンド・ビルド」の芥川賞受賞作を読めたのは新鮮だった。
コミックエッセイや写真集、漫画版の伝記ものは読み易くて楽しかった。またちょこちょこ読みたい。

ここに紹介しきれなかったのを含めて、11月は16冊読了。
「読書の秋」を満喫出来て嬉しかった。

2015.12.07(Mon) | お知らせ | cm(0) | tb(0) |