FC2ブログ
最近読んだ本
本を読む人

蓮

Author:蓮
ミステリーやらエッセイやら何やかや、その都度気になった本を読んでいます。
最近はファンタジーもちょこちょこと。

月別読破数
リンク
RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
682位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
387位
アクセスランキングを見る>>


コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

書物幻戯(リィリュジオン) / 赤城毅 



書物幻戯 (講談社ノベルス)

2011.6.6. / 株式会社講談社



ストックホルムで書物狩人の仲間が殺害された。
ル・シャスールの前に立ちはだかるのは、宿敵・書物偽造師のミスター・クラウン。
国家を巻き込んだこの事件の顛末や如何に!?

シリーズ第4弾。



シリーズ初の長編です。
そして、ル・シャスールの宿敵の登場です。
今回は、ある一冊の本が国家を巻き込んで恐ろしい事件を起こします。
それが、最初の殺人とどう繋がって行くのか、ル・シャスールはその問題をどう解決するのか、ハラハラしながら読み進めました。
国家を巻き込む事件というのは、現実世界でもありそうであって、その怖さもありました。
そんな緊迫感がある中を一見飄々と乗り切ってみせるル・シャスールの手腕は流石です。
今回も、彼の書物への深い愛と、たぐいまれなる知識に感服しました。
これから、ル・シャスールがミスター・クラウンとどのような戦いを繰り広げて行くかも楽しみです。



スポンサーサイト



2018.12.18(Tue) | 【あ行】:赤城 毅 | cm(0) | tb(0) |

書物法廷(ル・トリビュナル) / 赤城毅 



書物法廷

2010.4.6. / 株式会社講談社



世に出れば国や政治などに多大な影響を及ぼす稀覯本を合法・非合法に問わず入手する書物狩人、ル・シャスール。
此度彼が求めたものは、爆弾テロリストが求め続けた本、暗黒街のボスが遺した日記、アラン・ポオを研究した本、チャーチルの蔵書と様々。
そして、遂に登場した彼の宿敵。
物語が大きく動き出そうとしている。

シリーズ第3弾。




今回も、稀覯本に隠された歴史を垣間見ることが出来ました。
一冊の本にまつわる大きな秘密。それを手にしようとする様々な人の思惑。
世の中は、自分の知らないところで、秘密裏に動いていることが多いのだと、改めて感じさせられました。
何が真実で、何が虚構なのか。結局のところ、分からないことが多いんですよね。
そんな中でも、書物を通して知らなかったことに出会える喜びというのは本当に凄い大切だなと思います。
ル・シャスールの書物への愛情とその美意識には感服するばかりです。
今回、遂に彼の最大の敵が登場します。
これからは、彼との戦いが展開されるのでしょうか。
どんな風になっていくのか、楽しみです。
次はどんな書物に出会えるのかな。



人間の欲望によって、消え去ってしまった種があるのを認めるのは、心が痛むことであります。


その方に、わたくしが評価されていたあかしとなる、署名入りの本……いかなることがあろうとも、他人に渡せるものではありません


……わたくしには、あなたさまを破滅させなければならない理由があるのです





2016.07.29(Fri) | 【あ行】:赤城 毅 | cm(0) | tb(0) |

書物迷宮(ル・ラビラント) / 赤城毅 



書物迷宮

2008.10.6. / 株式会社講談社



世に出たら国家や歴史を覆しかねない一冊の稀覯本。
スペインのロルカの詩集、戦時下の満鉄の時刻表、ポーランドの沼地から現れた鉄の箱の中に入っていた機密本・・・
今回も銀髪の書物狩人、ル・シャスールが本に隠された秘密を暴きます。

シリーズ第2弾。



いやぁ、今回も凄かった。
4つの短編からなるのですが、一つずつの話を読み終えた後に、その題名を見るとこれまた見事なまでの題名のつけ方だな、と思うのです。
「ああ、なるほど。」と納得してしまう、そんな感じなのです。
話の9割が事実で1割が虚構というのだから、その真実性も凄い。
自分の知らない歴史とそこに隠された秘密を書物を通して知っていく感じです。
ル・シャスールの飄々としたやり取りも圧巻です。

常に、美意識で仕事をしたいと考えております。


それほどに、あなたは愛されていたのです


冷淡なようでいて、どこかあたたかい、ル・シャスールのそんな人柄も素敵だなと思います。
書物というものは本当に凄い力を持っているのですね。
今後も彼を通して、知らない書物に出会うことを楽しみにしています。



2016.04.03(Sun) | 【あ行】:赤城 毅 | cm(0) | tb(0) |

書物狩人(ル・シャスール) / 赤城毅


書物狩人 (講談社文庫)
【満足度】★★★★☆

【あらすじ】

世に出れば波乱を生む稀覯本の数々。
依頼されれば合法・非合法に問わずそれらの書籍を収集する「書物狩人」なる集団が存在する。
これは、その集団に属するある狩人の話。
彼が見つける本と共に、歴史の一幕が紐解かれる。

2015.05.07(Thu) | 【あ行】:赤城 毅 | cm(0) | tb(0) |