FC2ブログ
最近読んだ本
本を読む人

蓮

Author:蓮
ミステリーやらエッセイやら何やかや、その都度気になった本を読んでいます。
最近はファンタジーもちょこちょこと。

月別読破数
リンク
RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
818位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
468位
アクセスランキングを見る>>


コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

西の魔女が死んだ / 梨木香歩



西の魔女が死んだ

平成13年8月1日 / 株式会社 新潮社



「西の魔女が死んだ」
――西の魔女である祖母の死の知らせを聞いて祖母の元へと向かう道中、中学生のまいは彼女との思い出を振り返る。
中学校に入学して早々に学校に行くことが出来なくなったまいを、温かく迎えて一緒に過ごしてくれた祖母。
彼女から教わったのは、魔女として生きていくことの知恵であった。

第44回小学館文学賞受賞、児童文学者協会新人賞受賞、新美南吉文学賞受賞。



多感な時期の女子特有のグループ問題・・・難しいんですよね。本当に。
もっと楽に過ごせないのかしら、って思ってしまう。
まいは自分なりの考えで対処したみたいだけれど、上手く行かなくて学校にも行けなくなって。
そんな難しい状態の孫を温かく迎えてくれた祖母。
祖母から教わる生活の知恵と、魔女としての心がけ。
そこには温かくて優しい時間が流れています。
でも、それだけじゃなくて、なんというか色々問題もあったりします。
祖母の元へと向かう道中に思い出されるのは、優しかったり悲しかったり色んな思いが混ざり合ったもの。
人の死というものはどうやっても逃げることの出来ないものです。
それをどうやって受け入れていくか、それもまたまいと祖母の話の中で提示されています。
少女が少しずつ成長していく、その過程を垣間見ることの出来る一冊です。



人の運命っていろんな伏線で織りなされていくものなんでしょうね


皆口には出さないけれど、それぞれの幸福があり、また不幸もあるのだろう。





スポンサーサイト



2016.08.14(Sun) | 【な行】:梨木 香歩 | cm(0) | tb(0) |