FC2ブログ
最近読んだ本
本を読む人

蓮

Author:蓮
ミステリーやらエッセイやら何やかや、その都度気になった本を読んでいます。
最近はファンタジーもちょこちょこと。

月別読破数
リンク
RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
682位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
387位
アクセスランキングを見る>>


コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

異世界コンシェルジュ ~ねこのしっぽ亭営業日誌~ 3 / 天那光汰



異世界コンシェルジュ―ねこのしっぽ亭営業日誌〈3〉

2015.6.30. / 株式会社アルファポリス



超高級ホテルのグランドシャロンで働くことになった恭一郎。
フロアチーフとして従業員の教育を任されていた。
そんなある日、アキタリア皇国の皇女サリアがホテルを訪れる。

シリーズ第3弾。



今回も新しい登場人物が出てきます。
アキタリア皇国は、なんと先の大戦で敵対していた国。
そんな国の皇女が来訪されるとなれば、色々な政治問題も絡んできます。
恭一郎の接客にも力が入るというものです。
そして、今まではねこのしっぽ亭でメオと共に働いてきた恭一郎が、この世界に来て初めて一人で別の職場で働くという経験を重ねて行くというのも、時の流れを感じつつも、恭一郎の成長も感じることが出来ます。
本当に凄いことだと思います。
新しい職場ともなれば、新しい同僚も出てきます。
また、ホテルともなれば色々な客が居るというもの。
皇女来訪だけではなく、もうひとつ大きな事件に恭一郎が巻き込まれることになります。
それを彼がどのように対処していくのかも、恭一郎の人となりを見れば予測されるような結果でした。
彼の誠実さにはいつも感心させられます。
ただ、メオとアイジャ、更にはリュカにその友達…と恭一郎に魅せられていく女性が増えて行く中で中々ハッキリと決められないところはいつもながらもどかしいです。
でも、それが良い所でもあるのでしょうね。
これからも、まだ続くようなので恭一郎がどのようになって行くのか、ねこのしっぽ亭がどうなっていくのか、楽しみに読ませていただきたいと思います。




スポンサーサイト



2017.10.31(Tue) | 【あ行】:天那 光汰 | cm(0) | tb(0) |

異世界コンシェルジュ ~ねこのしっぽ亭営業日誌~ 2 / 天那光汰



異世界コンシェルジュ―ねこのしっぽ亭営業日誌〈2〉

2015.3.31. / 株式会社アルファポリス



オスーディア大陸のエルダニアという都市にある「ねこのしっぽ亭」。
異世界からやってきた佐藤恭一郎は、助けてくれたメオに恩返しをするためにここで働いている。
今度、街の祭りが開催されるというので新メニューを考案しようとしていた。
ふと目についた芋を「揚げて」みたところ、とても驚かれた。
なんと、この世界には「揚げる」という調理法が無かったのだ。

シリーズ第2弾。



今度はお祭りです。
お祭りと言えば、屋台で売られているお祭り独特の食べ物が思い出されます。
恭一郎も一緒ですよね。
今回は、お祭りだけではなくて、新しい登場人物も盛り沢山。
リュカの友達に、リュートの相棒、それにまつわる話も色々。
他にも、お祭りに関係しての出会いもあります。
恭一郎とメオ、アイジャの関係にも変化が見られます。
思わずにやにやしてしまったり、ホロリときてしまったり。
今回も楽しく読ませていただきました。
これからみんながどんな道を歩んで行くのか、どう変わって行くのか楽しみです。



2017.10.23(Mon) | 【あ行】:天那 光汰 | cm(0) | tb(0) |

異世界コンシェルジュ ~ねこのしっぽ亭営業日誌~ / 天那光汰



異世界コンシェルジュ―ねこのしっぽ亭営業日誌

2014.12.1. / 株式会社アルファポリス



生きることに絶望し自殺を図った佐藤恭一郎は、目を覚ますと異世界に居た。
助けてくれたネコミミ少女のメオに恩返しをするため、彼女が店主を務める食堂「ねこのしっぽ亭」の手伝いを始める。
現代の知識を元に打ち出した新メニューで、落ちぶれた食堂を再建することが出来るのか!?

シリーズ第1弾。



最近の私は、異世界ファンタジーでも再建モノに惹かれるのでしょうか。
これまた、食堂再建物語です。
異世界は異世界でも、ネコミミ、魔法使い、竜族などなど色んな種族が混在する異世界です。
現実世界に絶望した恭一郎は、異世界での出会いを通して変わって行きます。
恭一郎を助けてくれたネコミミのメオは優しいし、エルフの魔法使いのアイジャは頼りになるし、リザードマンのリュカは可愛いし…
その他にも、リュート、タイザ、アランなどなど魅力的な登場人物がいっぱいです。
異世界モノのファンタジーを読む度に思うのが、自分がもし異世界に飛んだとして、彼らのように逞しく現代の知識を活かせるかということです。
そもそも、現代の知識量からして違う気がして仕方ありません。
私達に馴染みのある料理でも、異世界の人には新鮮というのも面白いし、異世界の食材を使って現代の料理を再現しようと奮闘する過程も面白いです。
食堂再建ものだと思って読み進めていったら、思いがけず恋愛展開もあってビックリしました。
まだまだシリーズが続いているようなので、次も楽しみです。



2017.07.16(Sun) | 【あ行】:天那 光汰 | cm(0) | tb(0) |