FC2ブログ
最近読んだ本
本を読む人

蓮

Author:蓮
ミステリーやらエッセイやら何やかや、その都度気になった本を読んでいます。
最近はファンタジーもちょこちょこと。

月別読破数
リンク
RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
682位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
387位
アクセスランキングを見る>>


コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

チート転生者は、双子の弟でした! / 風見くのえ



チート転生者は、双子の弟でした! (レジーナブックス)

2018.4.5. / 株式会社アルファポリス



両親を亡くし、天涯孤独となった23歳・OLの赤羽千陽。
遺産狙いの親戚に殺されかけたところ、気が付けば異世界に飛んでいた。
彼女を救ったのは、5歳の時に亡くなった双子の弟・千景。
異世界に転生した千景は、凄腕の魔法使いになっていたのだ。



もうね、これは終始にやにやが止まらなくって、本当に本当に楽しかったです。
千陽の周りに集う、タイプの違うイケメンたち。
そのイケメンたちが、千陽にあの手この手でアピールするんだけれど、当人は気付かないっていうね。
千陽の双子の弟・千景が転生した、アンリ・ヴュー・エルヴェシウス。
アンリの主のテオフィル・ノエ・オードラン。
千陽の護衛となったサガモア・ガラ・ルヴェルガー。
テオの兄の、エヴラール。
いやぁ、本当にね、パラダイスですよ、パラダイス。
でも、それは千陽の性格のよさがあるからなんでしょうね。
千陽は度胸もあるし、賢いし。
色々ハプニングもあるけれど、それを彼らとどう協力して乗り越えていくかも見ものです。
千陽が最終的に誰を選ぶか気になるけれども、これはこれで良いのかな。
現代日本で辛い思いをした分、この異世界で彼女に沢山の幸せが訪れますように。




スポンサーサイト



2019.03.12(Tue) | 【か行】:風見 くのえ | cm(0) | tb(0) |

王さまに憑かれてしまいました3 / 風見くのえ



王さまに憑かれてしまいました〈3〉 (レジーナブックス)

2016.9.1. / 株式会社アルファポリス



王宮でメイドとして働くコーネリア。
今度は、前トーレス伯爵夫人の養女候補として王家主催の舞踏会に行くこととなる。
その舞踏会当日、大きな事件が起こり…

シリーズ第3弾。いよいよ完結。



さぁ、いよいよ最終巻。
始まりは64歳の前トーレス夫人開催の女子会。
この女子会で、これまたコーネリアは大きな決断をします。
本当にね、凄いことだよね。ちょっと抜けてるところがあるけれどね。
そして、その決断はコーネリアを想うホルテン侯爵の更なる悲劇を呼び込むんですよ。
ホルテン侯爵、あんなに良い人なのにその想いを気付いてもらえなかったり、中々報われないところが可哀想。
もちろん、ホルテン侯爵の幸せも願っているのですが、ここはやっぱりコーネリアが幸せになるのが一番ですよね。
イケメン達も色々思うところがあるのでしょうが、最終巻に来て益々スピードアップ。
コーネリア節も爆発ですよ。
本当にね、彼女は強い。
そして、ルードビッヒ陛下の優しさもまた明らかになります。
そうだったのね、と。
そんでもって、アレクも爆走ですよ。その想いの強いことったら。
泣けるし、笑えるし、にやけられるし、盛り沢山ですよ。
楽しい楽しい一冊でした。
もっともっと読みたいなとも思います。いやぁ、良い本に出会えました。




2018.11.08(Thu) | 【か行】:風見 くのえ | cm(0) | tb(0) |

王さまに憑かれてしまいました2 / 風見くのえ



王さまに憑かれてしまいました2 (レジーナブックス)

2016.7.5. / 株式会社アルファポリス



故国王ルードビッヒに憑りつかれたコーネリアは、領主のホルテンに付き従って王宮にやって来た。
相変わらずのコーネリアは、王宮でも色んな事に巻き込まれる。

シリーズ第2弾。



今回もコーネリアの魅力大爆発。
彼女に惹かれる男性がまたまた増加。
そんでもって、ホルテンに想いを寄せるあの人も登場して、また複雑な関係が始まる!?
ホルテンはホルテンで、自分とコーネリアの将来の為に色々と画策するし、
第二王子のオスカーまで登場して、イケメン密度は上がる一方。
そして、アレクはアレクで色々と動き始めるし、イザークは大胆な行動に出るしで、もうね、コーネリアはモッテモテですよ。
でも、彼女自身がそこに気付いていないから、やっぱり今回も男性陣が不憫ですね。
新しく登場した、近衛第二騎士団副団長シモン・ヴェラ・クロル、王都警備隊隊長バルドゥル・ディモ・トーレス、前トーレス伯爵夫人のマリア・バルバラ・ウタ・トーレス、真っ白なレインズのヴェラ、アレックス、オスカー第二王子、みんなみんな魅力的なのです。
もちろん、アレクサンデル・フォン・クレイヴ・ローディア王太子もね。
読んでいて、本当に楽しいったらありゃしない。
王宮でもコーネリアの変わらない姿に癒されつつ、どうしてそこまでおおらかでいられるのかと不思議でもあります。
本当に純粋なんだよね。
相変わらずのルードビッヒ陛下とのやり取りも面白いです。
そして、今回はハラハラする場面もあったのですが、そこをどう切り抜けたかってのもまた楽しいですよ。
さぁ、いよいよ次は最終巻。どんな結末を迎えるのでしょうか。



2018.11.08(Thu) | 【か行】:風見 くのえ | cm(0) | tb(0) |

王さまに憑かれてしまいました / 風見くのえ



王さまに憑かれてしまいました (レジーナブックス)

2016.5.6. / 株式会社アルファポリス



両親を亡くし、天涯孤独の身であるコーネリア・サンダース、16歳。
ある日、目の前を瀕死の人が早馬で運ばれていくのを目にしその人の為に祈ったら…なんと次の日にその人が幽霊となってやって来たのだ。
しかも、この幽霊はコーネリアの国の王さまだった。
コーネリアの優しさに感動した故国王・ルードビッヒ・フォン・アウグス・ローディア陛下は、彼女の守護霊になると言ってつきまとう。
そんな王さまに憑かれてからというもの、コーネリアの人生は今までになかったような出来事が次々と起こる。

シリーズ第1弾。



もうね、コーネリアの純粋な優しさが凄くてね。
ルードビッヒ陛下のおかげで、彼女は色々な人と出会うんだけれど、その人たちも彼女の人となりを知って彼女に惹かれていくのですよ。
しかもイケメンばかり。
だけれど、コーネリアはそんなこと気付かなくてね。
イザーク・ニトラ(18歳)、フェルテン・ニトラ(13歳)、マルセロ・フェーネ(22歳)、アフラ・ゲイル・ホルテン侯爵(32歳)、コスタス・ローレンツ・ホルテン、ユリヌアス(20歳)、アレックス・グレイ(20歳)。
彼らとコーネリアのやり取りは、笑ったり、時にはぐっと来たり、本当に本当に素敵な物語でした。
もちろん、ルードビッヒとコーネリアの漫才のようなやり取りも最高です。
なんという胸躍る物語に出会えたのだろう、とあまりの楽しさに時間が経つのも忘れて一気に読んでしまいました。
コーネリアの性格ゆえに、彼らの気持ちが中々伝わらないのは可哀想ではあるのですが、それもまた一興。
そして、彼らと出会うことによってコーネリアの人生がどんどん変わって行く様もワクワクが止まりません。
次ではどのような展開になるのか楽しみです。



私がお前と共に出掛けたいから行くのだ。遠慮など必要ないし、場所などお前と一緒であれば、私はどこであってもかまわない


一緒に住もう。俺達は……俺は、お前と家族になりたい


コーネリア、そなたが幸せになれば良い。そなたはアレクサンデルが幸せに笑ってくれればと祈るのだろう? 逆もまた然りだ。そなたに笑っていてほしいとアレクサンデルもきっと思っておる。そなたの幸せこそがアレクサンデルにとっての一番の幸せだ





2018.11.07(Wed) | 【か行】:風見 くのえ | cm(0) | tb(0) |