FC2ブログ
最近読んだ本
本を読む人

蓮

Author:蓮
ミステリーやらエッセイやら何やかや、その都度気になった本を読んでいます。
最近はファンタジーもちょこちょこと。

月別読破数
リンク
RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
818位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
468位
アクセスランキングを見る>>


コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

くまのプーさん 心がスッキリする幸せのヒント / 監修:枡野俊明



くまのプーさん 心がスッキリする幸せのヒント

2016.3.30. / 株式会社KADOKAWA



プーさんたちの可愛いイラストと共に禅の教えを学ぶ一冊。



見開き1ページにプーさんたちの可愛らしいイラストと、禅の教えである禅語が分かりやすく解説されていて、読んでいて少しずつ光が見えてくる感じでした。
4つの章で構成されているのですが、自分が気になるところはやっぱり付箋が多かったです。
聞いたことのある言葉もあれば、初めて知る言葉もあって勉強になりました。
少しずつでも自分の中に取り込んで行って、楽に生きたいものです。



今、この瞬間を大切に生きよう
而今(にこん)


自分の生き方は自分で決める!
主人公(しゅじんこう)


人と違うことこそ、価値がある
春色無高下 花枝自短長(しゅんしょくにこうげなく かしおのずからたんちょう)


苦しみの中で育んだものこそ、本当の宝物
苦中楽(くちゅうのらく)


ありのままの自分を受け入れる
柳緑花紅(やなぎはみどり はなはくれない)


しなやかに、したたかに生きる
八風吹不動(はっぷうふけどもどうぜず)


人の助けがあるから生きていける
受身捨身(じゅしんしゃしん)





スポンサーサイト



2016.10.03(Mon) | 【その他】:いろいろ | cm(0) | tb(0) |

小学館版 学習まんが人物館 シートン / 監修:富田京一、まんが:梶川卓郎



シートン (小学館版 学習まんが人物館)

2009.9.20. / 株式会社小学館



「シートン動物記」で知られる、博物学者のシートン。
彼は、動物をこよなく愛し続けた人物だった。
彼の生涯を辿る一冊。



小学生のころ、「シートン動物記」を読んだ記憶があります。
動物と共に生き生きとしているシートンが描かれている表紙を見て、読んでみたらビックリ。
そこには私の知らなかったシートンの姿が描かれていました。
苦難の人生を送ったシートンの動物たちへの愛情はとてもとても深いもので感銘を受けました。
オオカミ王のロボとの戦いも凄かったです。
情熱を持って、人間の動物たちへの認識を変えていこうとしたシートン。
彼のおかげで誕生した様々な自然保護区に、ボーイスカウトの元となったウッドクラフト・インディアンズ運動。
彼が執筆した数々の物語や本から動物の生態を垣間見ることが出来ます。
凄い。本当に凄いなと思いました。
まんがで読める伝記ものはまた折を見て読んでみたいと思います。




2016.07.16(Sat) | 【その他】:いろいろ | cm(0) | tb(0) |

5分で読める! ひと駅ストーリー 「食」の話 / 編:『このミステリーがすごい!』編集部



5分で読める! ひと駅ストーリー 食の話

2015.10.20. / 株式会社 宝島社



「食」にまつわるショートショート・アンソロジー。
『このミステリーがすごい!』大賞作家、日本ラブストーリー大賞作家、『このライトノベルがすごい!』大賞作家たちが紡ぐ世界は多種多様。
37編、それぞれが違ってそれぞれが面白い。
ほっこりしたり、ゾワッとしたり、切なくなったり、くすっと笑えたり、色んな物語を堪能できます。



初めてこんなに沢山の作家さんの作品が一堂に会しているのを読みました。
うーん、面白い。
でも、知らない作家さんがほとんどで、その世界に入り込めたり入り込めなかったり。
美味しそうな話ばかりかと思ったらそうじゃないんですよね。
ホラーみたいなのや、SFみたいなのもありました。
もちろん、恋愛小説っぽいのも。
そんな中、やっぱりミステリーだから最後にオチがあったりして、そこは凄いなぁと思うんです。
だって、どれも本当にショートショートの話で。
まさに題名通り5分で読める感じです。私の場合はもうちょっと読むのに時間がかかったかな。
若い作家さんが多いのもビックリしました。
ここで面白かったと感じた作家さんはもちろん、メモしました。
その作家さんたちの他の話も読んでみたいなぁ。
色んな作家さんを知る扉としても良いかもしれません。
この他にも色んなテーマで書かれているシリーズがあるので、機会があれば読んでみたいです。


とても哀しいのに、辛いのに、悔しいのに、腹が減るんです。自分はそれが許せなくって


他人が聞いたらどう思うかは知らないが、なんだかそれは最高にロマンティックな殺し文句のように、私には聞こえた。


店長はニタリと笑うと、首をすくめた。私もニタリと笑う。


「……この味です」



2016.06.13(Mon) | 【その他】:いろいろ | cm(0) | tb(0) |

狭くても、あきらめなくていい 収納のルール / 編者:成美堂出版編集部



狭くても、あきらめなくていい 収納のルール

2012.7.20. / 成美堂出版



「狭いから上手に収納出来ない」・・・・なんて考えを覆してくれるような一冊。
色んな人の収納のルールを、部屋の広さと暮らしている人数を記載した上で紹介。
収納は工夫次第なんです。



丁度自分の模様替えしたい熱が上がっている時に読んだので、とても参考になりました。
「部屋が片付かないのは収納が足りないからでは!?」と思っていたけれど違うんですよね。
自分の収納力が足りないからなんですよね。
皆さん、本当に色々工夫されていて、狭いのにスッキリしていて、更に必要なものはあるって感じで。
綺麗な部屋だとゆとりをもって生活出来るんだろうなぁ、と夢が膨らみます。
自分も今あるもので工夫して、何とかもう少し過ごしやすい部屋にしたいです。
頑張るぞー。




2016.05.20(Fri) | 【その他】:いろいろ | cm(0) | tb(0) |

京都を愉しむ また会いたくなる京の桜 / 写真:水野克比古



また会いたくなる 京の桜 (京都を愉しむ)

平成26年3月28日 / 株式会社 淡交社



京の春を彩る様々な桜たち。
素敵な写真と共に、桜の名所を紹介。



いやぁ、色んな桜の名所があって写真を見るだけで春を先取りした感じでした。
今年は桜、観に行けたら良いなぁ。
やっぱり桜は良いですね。うーん、春が待ち遠しい。



2016.02.24(Wed) | 【その他】:いろいろ | cm(0) | tb(0) |