FC2ブログ
最近読んだ本
本を読む人

蓮

Author:蓮
ミステリーやらエッセイやら何やかや、その都度気になった本を読んでいます。
最近はファンタジーもちょこちょこと。

月別読破数
リンク
RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
682位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
387位
アクセスランキングを見る>>


コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

波上館の犯罪 / 倉阪鬼一郎



波上館の犯罪

2014.8.6. / 株式会社講談社



小島の上に白亜の洋館が佇んでいる。
波上館と呼ばれたその洋館で、芸術家である館主の波丘俊一郎が死んだ。
残された人々の周りで、連続殺人が起こる。
これは全ての言葉が伏線となっているミステリーである。



著者の本を約10年ぶりに読みました。
亡くなった元館主の仕業としか思えないような連続殺人。
「全ての言葉が伏線」ということで、どのように繋がっていくのかと思えば、最後にきてなるほど確かにそうだ、と思いました。
これは内容には直接関連がない「交響曲シリーズ」の第6番だそうです。
全ての言葉が伏線になるように書かれるのは、本当に凄いなと思いました。
約10年経ちましたが、あの時の「またいつか他の本も読んでみよう」という思いを実現出来て良かったです。
前回読んだ本が私にとっては怖いものだったので、今回はどうかなとドキドキしながら読みましたが、前回よりかは怖くなくて最後まで一気に読めたので良かったです。



スポンサーサイト



2017.01.27(Fri) | 【か行】:倉阪 鬼一郎 | cm(0) | tb(0) |

百鬼譚の夜 / 倉阪鬼一郎


百鬼譚の夜

【あらすじ】

フリーライターの私が体験した怪奇現象。
皿屋から始まる4つの短編が繋がって、怪奇長編を思わせるような1冊。

2007.04.12(Thu) | 【か行】:倉阪 鬼一郎 | cm(0) | tb(0) |