FC2ブログ
最近読んだ本
本を読む人

蓮

Author:蓮
ミステリーやらエッセイやら何やかや、その都度気になった本を読んでいます。
最近はファンタジーもちょこちょこと。

月別読破数
リンク
RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
682位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
387位
アクセスランキングを見る>>


コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

迷宮学事件





秋月涼介さんの

『迷宮学事件』

を読みました。



迷宮と迷路…同じようなものに感じるが、全く違うものである。
迷路屋敷の中心部、その下に続く迷宮内の密室の中で、赤ん坊の死体が発見された。建物の主は失踪。死体は彼が迷宮内で年齢退行した姿なのか?
迷宮とは?その意味するものとは?



めっちゃ難しかったです。迷宮について、いろいろなことが書かれてありました。

頭をめっちゃ使いました。かなりの時間がかかりました。

読んでいて、自分が迷宮に迷い込んだ感じでした。

文章構成も、「七重周回路(往路)」と「七重周回路(復路)」を軸にまるで迷宮です。

…いや、本当に迷宮でした。

読み終わらないと、謎は解けないし、

難しい言葉はいっぱいあるし、

作者さんはすごいなと思いました。

あなたもこの迷宮に挑戦してみませんか?




スポンサーサイト



2006.04.29(Sat) | 【あ行】:秋月 涼介 | cm(0) | tb(0) |

三百字小説 / 川又千秋

三百字小説 (ワンショット・ノベル)

【あらすじ】

その名の通り、300字で形成されている小説です。
68篇もの小説が練りこまれていますが、どれも見開き2ページで完結するという短さです。

2006.04.28(Fri) | 【か行】:川又 千秋 | cm(0) | tb(0) |

モンスターの花嫁






なかなか本を読めない日々が続いていました。ようやく読めました。

やっぱり、こんな時には赤川次郎さんから始めるのが楽ですね♪

今回は

『モンスターの花嫁』

を読みました。



とある住宅街で、女の子が殴る蹴るの暴行をされた。
住人たちは、寡黙な男を疑い、ひどいことをする。
男は姿を消した。
犯人はいったい…



集団心理の怖さ、人を信じることの大切さ・尊さを改めて考えさせられました。

テレビに踊らされるのは怖いですね。

真実をありのままに伝えて欲しいものです。




2006.04.27(Thu) | 【赤川次郎】:花嫁 | cm(0) | tb(0) |

トランス・トランス・フォーエバー / 櫻井まゆ


トランス・トランス・フォーエバー (新風舎文庫)

【あらすじ】
心にある種のモノを持っている人たちが、いろいろ描かれている作品集。

2006.04.21(Fri) | 【さ行】:櫻井 まゆ | cm(0) | tb(0) |

現代語訳樋口一葉「大つごもり他」 / 樋口一葉(著)・島田雅彦(翻訳)


現代語訳樋口一葉「大つごもり他」




図書館で見つけました。
ホントは「たけくらべ」を読んでみたかったんですけど、なかったので、コレ。



う~~~~ん、現代語訳はしてあるけど、純文学(?)っていうんでしょうか?難しかったです。
大つごもりは、お金の話が出てくるんですけど、10銭とか1円とか…今の貨幣価値でどれくらいなのかがわからないから、今いち「ピン」ときませんでした(泣)
それと、文章。
句読点のつけ方が独特で、一気に読んでも、どこを誰が話してるのか、わからなくなったり…
難しいなぁ。

2006.04.19(Wed) | 【その他】:いろいろ | cm(0) | tb(0) |

ペルソナ探偵 / 黒田研二


ペルソナ探偵 (講談社文庫)

【あらすじ】

名前も、顔も知らない6人の仲間たちが、星の名前をHNにして同人誌を作成している。
それがもとに、真の悲劇が巻き起こる。

2006.04.19(Wed) | 【か行】:黒田 研二 | cm(0) | tb(0) |

間奏曲






赤川次郎さんの

『間奏曲~赤川次郎ショートショート王国~』

を読みました。

ショートストーリーばっかりだったんですけど、なんだか…
あんまりサラッとは読めませんでした(>_<)
いつもの何倍も時間がかかって…
やっぱり、赤川次郎さんは、ミステリーが波に乗って読めますね。
次は何を読もうかな。




2006.04.17(Mon) | 【赤川次郎】:その他 | cm(2) | tb(0) |

秘密のひととき




赤川次郎さんの

『秘密のひととき』

を読みました。



普通の人の秘密の時間…
それが詰め込まれている短編集です。



ちょっと不思議な感じですね。

さくっと読めました。

面白かったですよ。




2006.04.14(Fri) | 【赤川次郎】:その他 | cm(0) | tb(0) |

ミステリアス学園 / 鯨統一郎


ミステリアス学園 (光文社文庫)

2006.04.11(Tue) | 【か行】:鯨 統一郎 | cm(2) | tb(0) |

ミタカくんと私 / 銀色夏生


ミタカくんと私 (新潮文庫)

【あらすじ】

幼馴染のミタカくんと私の何でもない日常。
ただただ、つれづれと、さらさらと…

2006.04.07(Fri) | 【か行】:銀色 夏生 | cm(0) | tb(0) |

θは遊んでくれたよ






森博嗣さんの

『Θは遊んでくれたよ』

を読みました。
前作に続く、Gシリーズ第2弾です。

飛び降り自殺と思われる人々の身体の一部に「θ」の文字が書かれていた。
自殺か?連続殺人か?
「θ」の意味するものとは何か?

S&Mシリーズや、Vシリーズの登場人物もところどころに登場したり、前作との微妙な繋がりが気になったり、海月くんの発言が気になったり…
な一冊でした。

それにしても、やっぱり時間がかかる…
言葉が難しい。
流石、森ワールドです。




2006.04.03(Mon) | 【森博嗣】:Gシリーズ | cm(0) | tb(0) |