FC2ブログ
最近読んだ本
本を読む人

蓮

Author:蓮
ミステリーやらエッセイやら何やかや、その都度気になった本を読んでいます。
最近はファンタジーもちょこちょこと。

月別読破数
リンク
RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
682位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
387位
アクセスランキングを見る>>


コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

銀の檻を溶かして / 高里椎奈


銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談 (講談社文庫)

【あらすじ】

「どんな薬でも症状に合わせてお出しします」
ここは、薬局。…住人は、妖怪。
彼らの副業は、探偵。その任務は特殊なものである。

今回の事件は、小学校の校庭に突如現れた、雪の妖精。
その真相に迫る。
スポンサーサイト



2007.02.24(Sat) | 【た行】:高里 椎奈 | cm(0) | tb(0) |

λに歯がない





森博嗣さんの

『λに歯がない』

を読みました。



密室で発見された、4人の死体。
身元不明のこの4人の共通点は、銃殺されていることと、歯が抜かれていること。
そして…ポケットには「λに歯がない」のカードが。

好評のGシリーズ、第5弾。



今回は、今までの一連の事件と異なる点があり、みんないろんな方向に推理を巡らしていきました。

色んな登場人物のそれぞれの思考回路。

それらが絡み合い、一つの結論へ向けて進んでいく。

意外な登場人物も登場し、懐かしい感じも受けました。

キャラクター性が、より磨かれてきたのではないかと思います。

面白かったです。




2007.02.22(Thu) | 【森博嗣】:Gシリーズ | cm(0) | tb(0) |

暁天の星 鬼籍通覧 / 椹野道流


暁天の星 鬼籍通覧 (講談社文庫)

【あらすじ】

ここは法医学教室。
不可解な状態で死亡した、彼女たちにある共通点を見つけた。
それが意味するものとは!?

現役法医学者が描く、法医学のパラレルワールド。

2007.02.20(Tue) | 【は行】:椹野 道流 | cm(0) | tb(0) |

150cmライフ。 / たかぎなおこ


150cmライフ。

【あらすじ】

150cmの著者の視点で描く、日常のいろんなこと。
イラストいっぱい。ほんわか笑いもあり。
あなたも、150cmの世界へようこそ。

2007.02.19(Mon) | 【た行】:たかぎ なおこ | cm(0) | tb(0) |

幸運を呼ぶパワーストン&宝石の事典 / タナカヨシコ


幸運を呼ぶパワーストーン&宝石の事典―運命を変えるあなただけの貴石

【あらすじ】


神秘的な力を秘めたパワーストーンの数々。

2007.02.19(Mon) | 【その他】:いろいろ | cm(0) | tb(1) |

さびしがり屋の死体




赤川次郎さんの

『さびしがり屋の死体』

を読みました。



「あのね、彼……死んだの。」
その言葉を最後に、マリは恋人の後を追うように自殺した。
だが、その恋人の武夫は生きていた!!
そしてマリが手招いているかのように、武夫の周りで連続殺人事件が起こる。
真相やいかに!?

表題作ほか、4編収録。



どの作品も、意外性があり、そしてドキドキがあり、

身の回りでおきそうな話であったり、赤川さんの叙述に魅せられたり、

息も尽かさぬ5作品でした。

油が乗ってきた赤川作品の数々、どうぞご覧あれ。



2007.02.17(Sat) | 【赤川次郎】:その他 | cm(0) | tb(0) |

タイムスリップ森鴎外 / 鯨統一郎


タイムスリップ森鴎外 タイムスリップシリーズ第1作 (講談社文庫)

【あらすじ】

大正11年。
自分を殺そうとする犯人から逃れた時、何らかの力で現代へタイムスリップした森鴎外こと、森林太郎。
そこで出会った、超ミニスカートの女子高生に助けられて、自分の身に起こった、そして歴史に起こったこの難事件に挑む。
文壇に新たな革命を起こす、鯨統一郎の挑戦作。

2007.02.14(Wed) | 【か行】:鯨 統一郎 | cm(0) | tb(1) |

空の画廊 / 伊集院静


空の画廊


【あらすじ】

様々な少女たちの、不思議な不思議なお話。
全12編を収録。

2007.02.13(Tue) | 【あ行】:伊集院 静 | cm(0) | tb(0) |

昼下がりの恋人達





赤川次郎さんの

『昼下がりの恋人達』

を読みました。



ひょんなことで助けた老人の遺産を手にした、秀治と純江。
その金額は5000万!!
そのお金が二人の人生を違う方向へと走らせることに…

表題作他、6編収録。



赤川さんの初期の短編集です。

いろんなものが入っていて、楽しく読むことが出来ました。

赤川さんの作品の特徴は、出だしの会話。

ここから惹きつけられてしまいます。

1作目の「愛妻物語」が、なんとも言えず、不思議な感じのお話で、面白かったです。

人間のいろんな面が見える作品たちです。

昼下がりに、コーヒー片手にいかがでしょうか。




2007.02.13(Tue) | 【赤川次郎】:その他 | cm(0) | tb(0) |

そして二人だけになった






森博嗣さんの

『そして二人だけになった』

を読みました。



全長4000mに渡る橋を支える巨大なコンクリートの塊の内部に秘密裏に造られた「バルブ」という空間。
その中に6人の人間が閉じ込められた。
次々と殺されていくメンバー。
残ったのはふたり。
一体何が起こったのか!?



手に汗握る内容でした。

物語が2人の人間の視点で描かれていて、森マジックに吸い込まれていくようでした。

難しい言葉が多いけれど、そこがまた魅力的で。

森さんの初の長編作品なのですが、最後の最後まで何が真実で、何が現実で、何が虚構で…というのがわからなく、それがまたこちらをドキドキとさせてくれて、とても面白かったです。

不思議な、不思議な、それでいてスピーディーな作品でした。

一気に読み上げました。

是非、ご一読を!




2007.02.12(Mon) | 【森博嗣】:シリーズ外の小説 | cm(0) | tb(0) |

約束 / 村山由佳


約束

【あらすじ】

僕が少年だった頃、大切な仲間たちと交わした約束。
僕は今、それを綴る。。。

2007.02.09(Fri) | 【ま行】:村山 由佳 | cm(0) | tb(0) |

たまには気ままに / 大鋸カズマサ


たまには気ままに (心の絵本)


【あらすじ】

心が疲れた時、そっとあたためてくれる8つのお話。

2007.02.08(Thu) | 【あ行】:大鋸 カズマサ | cm(0) | tb(0) |

ふたりの恋人






赤川次郎さんの

『ふたりの恋人』

を読みました。



ふたりの恋人の間を行き来する青年。
ある日、一方の恋人が死体で見つかって…



事件が事件を呼び、全てが明らかになる時、今までのことが納得が行くようになります。

ふたりの青年が「主役」「わき役」であり、

それはまた人生の縮小図でもあり、

そして、それぞれがそれぞれの役割を全うする。

読んでいて、楽しい作品でした。

あなたの周りにも、こういう人がひとりは居るはず。

ご一読ください。




2007.02.08(Thu) | 【赤川次郎】:その他 | cm(0) | tb(0) |

生協の白石さん / 白石昌則さんと東京農工大学の学生の皆さん


生協の白石さん

【あらすじ】

東京農工大学の生協に、いろんなことに答えてくれる職員さんがいる。
「ひとことカード」を通して繰り広げられる、ほんわか楽しい、温かいやりとり。

2007.02.04(Sun) | 【さ行】:白石 昌則 | cm(0) | tb(0) |

旅うさぎ




天沼春樹さんの

『旅うさぎ』

を読みました。



うさぎのトマス・ハーゼンタールは、ご先祖うさぎコーネリアス・ハーゼンタールが残した『旅うさぎの書』を紐解いた。
そこから彼の旅が始まったのだ。



水野恵理さんの絵がとても素敵で、ぴったりでした。

トマスは旅を続けながら、いろいろなことに出会い、そして最後にあるところに行き着きます。

「夢から自由なものだけが…」のひとことには考えさせられるものがありました。

不思議の世界へ旅立ちたい方におすすめです。




2007.02.04(Sun) | 【あ行】:天沼 春樹 | cm(0) | tb(0) |

世界一しあわせなタバコの木。 / 池澤夏樹


世界一しあわせなタバコの木。

【あらすじ】

一人の青年が、山道を歩いている。
彼の目的地は、まだ見えない。
どうして彼がそこを歩いているのか、そして、辿り着いた先で彼が得たものとは。

2007.02.04(Sun) | 【あ行】:池澤 夏樹 | cm(0) | tb(0) |

リンクを追加しました

紹介させていただいた著者さんのHPをリンクに追加しました。

追加したHPは以下のものです。



『相田みつを美術館』

『しあわせのたまねぎ』(川野陽子さん)

『五味太郎 図書一覧』

『さくらプロダクション』(さくらももこさん)

『おさむショー』(鈴木おさむさん)

『HOKUSOEM』(たかぎなおこさん)

『らいとすたっふ』(田中芳樹さん)

『326部』(ナカムラミツルさん)

『はらだしき村』(原田宗典さん)

『●猫目堂●』(水名月けいさん)

『YUKA BLUE』(村山由佳さん)



リンクには、著者さんの五十音順にHPを並べています。

ここからさらに、それぞれの著者さんの世界へとみなさんが飛び立ってくだされば、幸いです。

それでは、これからも『花色の本棚』をよろしくお願いいたします。

2007.02.04(Sun) | お知らせ | cm(0) | tb(0) |

霧の訪問者 薬師寺涼子の怪奇事件簿 / 田中芳樹


霧の訪問者 薬師寺涼子の怪奇事件簿 (講談社文庫)

【あらすじ】

夏の軽井沢。来日した女大富豪と、ご存知「ドラよけお涼」の傍若無人対決。
今回もまた、お涼の周りで事件は起こる。

2007.02.03(Sat) | 【た行】:田中 芳樹 | cm(0) | tb(0) |

のほほん風呂 おうちでカンタン季節の湯 / たかぎなおこ


のほほん風呂 おうちでカンタン季節の湯

【あらすじ】

イラストで送る、楽しい季節の湯たち。
四季折々のお風呂の楽しみ方。

2007.02.03(Sat) | 【た行】:たかぎ なおこ | cm(0) | tb(1) |