FC2ブログ
最近読んだ本
本を読む人

蓮

Author:蓮
ミステリーやらエッセイやら何やかや、その都度気になった本を読んでいます。
最近はファンタジーもちょこちょこと。

月別読破数
リンク
RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
682位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
387位
アクセスランキングを見る>>


コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

悪魔のような女







赤川次郎さん

『悪魔のような女』

を読みました。



私立中学の校長であり、理事長、創設者でもある金森咲代。
一方、夫の進二は妻の陰で居続けることに我慢が出来ず、妻の愛人と共に咲代を殺害する。
しかし、殺したはずの咲代から手紙が届いて…

他、3編収録。



なんとも、怖い感じの作品たちでした。

ホラー系になるのでしょうか。

最後の結末の後に起こったことを、それぞれの読者に想像させるような終わり方であり、

そこから連想されるのは、やっぱり怖いことなんですよね。

その上、実際に起こりそうである話題が多かったから、余計に怖かったです。




スポンサーサイト



2007.04.30(Mon) | 【赤川次郎】:懐かしの名画 | cm(0) | tb(0) |

ハサミ男 / 殊能将之


ハサミ男 (講談社文庫)

【あらすじ】

美少女を狙う広域連続殺人魔、通称「ハサミ男」。
彼の手にかかった少女たちの首には、ハサミが突き刺さっている。
そんな彼の次のターゲットは、何者かによって、同じ方法で殺されてしまった。
自らの手で真犯人を突き止めようとするハサミ男。
そんなハサミ男を追う警察。
自殺願望に揺り動かされながらも、彼は着実に捜査を進めていく。

2007.04.25(Wed) | 【さ行】:殊能 将之 | cm(0) | tb(0) |

ηなのに夢のよう





森博嗣さんの

『ηなのに夢のよう』

を読みました。



地上12mの木の枝から、首吊り死体がぶら下がっていた。
近くには「ηなのに夢のよう」と書かれた絵馬が発見される。
一連の事件に繋がるものなのか。
「生」とは、「死」とは。
そして、10年前の飛行機事故の真相が見えてくる。
φから始まるGシリーズのターニングポイント。



流れよく、テンポよく、そしていろいろな伏線をここで紡ぎながら、読んだ1冊でした。

今までの全てのシリーズを呼んだ人なら分かるところも多々あり。

一貫して、「生」と「死」について考えさせられる作品でした。

ミステリー部分もあるけれど、その他のメッセージ性が強かったような。

キャラもいろいろ出てきて、最後の謎解きもまたちょっと意外な形で。

全ての伏線が集合された今、次の作品が楽しみでもあります。




2007.04.22(Sun) | 【森博嗣】:Gシリーズ | cm(0) | tb(0) |

妖怪びしょ濡れおかっぱ / 松原真琴


妖怪びしょ濡れおかっぱ (JUMP j BOOKS)

【あらすじ】

「妖怪小説を書く!」
人気シリーズ完結後、沈黙を続けていたダメ作家が、立ち上がった!?
そんな彼が取材先で出会った妖怪は、水を操る美少女だった。
軽快なタッチで描かれるほんわかコメディ。

2007.04.12(Thu) | 【ま行】:松原 真琴 | cm(0) | tb(0) |

裏口は開いていますか?




赤川次郎さんの

『裏口は開いていますか?』

を読みました。



ある朝、裏口に死体があった。
そこから平凡な一家の生活が狂いだす。
父、母、娘、息子………それぞれが、それぞれの場所で、人生の裏表を体感する。



最初は難しくて、何がどうなっているのかわからなかったけど、最後らへんにはいろんなことが急展開して、スピードアップして読むことが出来ました。

赤川さんの作品にしては、とっても時間がかかって、苦しかったです。

サスペンスだからかな?

人生の裏表…怖いですね。




2007.04.12(Thu) | 【赤川次郎】:その他 | cm(0) | tb(0) |

百鬼譚の夜 / 倉阪鬼一郎


百鬼譚の夜

【あらすじ】

フリーライターの私が体験した怪奇現象。
皿屋から始まる4つの短編が繋がって、怪奇長編を思わせるような1冊。

2007.04.12(Thu) | 【か行】:倉阪 鬼一郎 | cm(0) | tb(0) |

三毛猫ホームズの駈落ち / 赤川次郎





赤川次郎さん

『三毛猫ホームズの駈落ち』

を読みました。



まるで「ロミオとジュリエット」のように駈落ちした若い男女。
12年後、両家の間に再び悲劇が起きる。
不思議な形で事件に巻き込まれた片山兄妹。
次々と起こる事件の真相は!?



どんどん出てくる両家の人間。

複雑に絡まる人間関係。

心を選ぶか、お金を選ぶか。

人間の心の奥の荒んだところを軽快なタッチで書かれています。

人間、信念を貫き通すのがどんなに困難なことなのか、改めて考えさえられた1冊でした。

また、ホームズの活躍ぶりにもご期待ください。




2007.04.04(Wed) | 【赤川次郎】:三毛猫ホームズ | cm(0) | tb(0) |

冬の旅人




赤川次郎さんの

『冬の旅人』

を読みました。



「<冬の旅人>を歌うと人が死ぬことになるのです」
コンサートを前に来日していた国際的バリトン歌手のもとに、1本の電話がよせられた。
その言葉どおり、コンサートの後に、楽屋で人が死んでいた。
歌手のディートリッヒは、警察に依頼され、日本に残り、捜査を手伝うことになる。

他、3編収録。



表題作の主人公が、ドイツ人。

どうなることかと思ったけれど、そこは言葉の壁を乗り越えて、話は進んでいきます。

赤川さんが、映画だけでなく、音楽にも精通されていることが窺い知れる作品でした。

他の3編の中には、三毛猫ホームズシリーズの片山刑事と、幽霊シリーズの永井夕子が競演する『三毛猫ホームズの水泳教室』もあります。

豪華な短編集って感じだけれど、楽しく読むことが出来ました。

他の2本にはスリリングなところもありましたよ。

さらっと読めて、考えるところもある、ってところが、赤川さんの魅力ですね。




2007.04.01(Sun) | 【赤川次郎】:その他 | cm(0) | tb(0) |

ブスの瞳に恋してる2 / 鈴木おさむ


ブスの瞳に恋してる 2 (マガジンハウス文庫)

【あらすじ】

結婚3~4年目の、ふたりの結婚生活を面白おかしく綴る。
全て、実話です。ホントです。

2007.04.01(Sun) | 【さ行】:鈴木 おさむ | cm(0) | tb(0) |