FC2ブログ
最近読んだ本
本を読む人

蓮

Author:蓮
ミステリーやらエッセイやら何やかや、その都度気になった本を読んでいます。
最近はファンタジーもちょこちょこと。

月別読破数
リンク
RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
682位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
387位
アクセスランキングを見る>>


コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

霊感検定 / 織守きょうや


霊感検定 (講談社BOX)

【あらすじ】

大阪から東京の高校に転校してきた藤本修司。
転校初日の前夜、不思議な少女と出会い不思議な体験をする。
その後、転校先の図書室で自称心霊研究家の司書に「霊感検定」というものを受けさせられた彼の検定結果は・・・
個性豊かな面々と共に繰り広げられる不思議な出来事と甘酸っぱい感情、くすっとした笑いも起こる素晴らしき青春ホラーの一冊。

第14回講談社BOX新人賞Powers受賞作。
スポンサーサイト



2014.07.30(Wed) | 【あ行】:織守 きょうや | cm(0) | tb(0) |

中国嫁日記(二)




井上純一さんの

『中国嫁日記 (二)』

を読みました。




40代オタク男性と20代中国人妻のほんわか楽しい4コマ日記。
震災を乗り越えたり、両親への恩返しをしたりと、今回も盛り沢山。
描き下ろし長編「中年男と中国娘2」ではプロポーズ秘話も披露。



色んなことがあるけれど、二人力を合わせて仲睦まじく乗り越えて行く様子を拝見していると温かな気持ちになります。

何より、月さんの前向きさが本当に元気をくれます。

本当に何て素敵な女性なんでしょう。

井上さんの月さんへの優しさや思いやりも素敵で、ほっこりするしお似合いだなと思うし、私もいつかそんな風になりたいなとも思います。

愛に国境も年齢もなくて、大事なのはお互いを思いやる心なんだな、と毎回教えられてハッとさせられます。

それは、夫婦間だけではなく、色んな人間関係に言えるのではないかと思います。

ほんわかして、にっこりして、読み終わったらあったかくて、感動してじーんと来たりして、前に進む勇気もくれる本当に素敵な一冊です。




2014.07.28(Mon) | 【あ行】:井上 純一 | cm(0) | tb(0) |

ソウルドロップの幽体研究 / 上遠野幸平


ソウルドロップの幽体研究 (ノン・ノベル)

【あらすじ】

「生命と同等の価値のある物を盗む」―――その予告状が届いた後、厳重な警備の手を掻い潜ってある男が殺された。
盗まれたのはキャンディと男の命。
その奇妙な予告状と共に現れるそいつのは「ペイパーカット」と呼ばれている。
次なる標的はある女性歌手の追悼ライブ。
正体不明のこの怪盗に、保険会社の調査員たちが挑む。

2014.07.24(Thu) | 【か行】:上遠野 浩平 | cm(0) | tb(0) |

≠(ノットイコール)の殺人




石崎幸二さんの

『≠の殺人』

を読みました。



沖縄本島に程よく近い水波照島のヒラモリ電器の研修施設で開かれるクリスマスパーティーに招待された石崎たち。
主催の平森英一に双子の妹たち、有名スポーツ選手に俳優などが集う場所で事件は起きた。
無残にも遺体の一部が欠損した死体。次々と起こる事件。
石崎と女子高生ミリヤたちがその真相に迫る。



今回も、面白く拝読させて頂きました。

相変わらずのボケと突っ込みが面白い。

最初の始まり方にビックリしました。今回はそう来たのか、と。

また今回は双子が登場したので自分の中では中々区別がつかずに何度もページを遡って確認してしまいました。

双子は神秘ですよね。自分に双子がいたらどんなだっただろうな、と思わずにはいられません。

全体を通してそこここに謎解きのヒントは隠されているのに中々自分では分からなくて悔しいけれど、最後に「なるほど!」と思わされてスッキリしました。

いつかミリアたちの謎解きのところでピーンと来るようになりたいものです。

次回作も楽しみです。





2014.07.21(Mon) | 【あ行】:石崎 幸二 | cm(0) | tb(0) |

ももこのまんねん日記 2012 / さくらももこ


ももこのまんねん日記2012

【あらすじ】

2010年秋~2011年冬までの著書のほのぼのとした日常をまとめた一冊。
全点描き下ろしイラスト。
おまけコラム「香港のイベントツアー」も収録。

2014.07.20(Sun) | 【さ行】:さくら ももこ | cm(0) | tb(0) |

子子家庭は危機一髪




赤川次郎さんの

『子子家庭は危機一髪 』

を読みました。



ある日突然、父が贈収賄容疑で失踪し、母が恋人と駆け落ちをした。
残されたのは小学校六年生の律子と、弟の和哉。
「子子家庭」となった上に次々と色んなことが起こる中、律子は何とか家を守ろうと奮闘する。
まさに、「子子家庭は危機一髪」!!




初っ端から驚かされました。

まさかの子子家庭。

でもそんな逆境に負けず律子は一生懸命頑張ってて、親友の香織も応援してくれていて、色んな事件が起こるけれどそれを何とか乗り越えて行くんです。

その姿に胸打たれます。

ほろっと涙する場面もあって、読みながらこちらも必死に応援していました。

これからこの子子家庭がどうなって行くのか、両親は帰ってくるのか気になります。

続編もあるので、それを楽しみに読めたら良いなと思います。




2014.07.17(Thu) | 【赤川次郎】:子子家庭 | cm(0) | tb(0) |

50円・100円の満腹!絶品! 節約ごはん




しらいしやすこさんの

『50円・100円の満腹! 絶品! 節約ごはん』

を読みました。



美味しくて、そのうえ食費もダウン出来る絶品料理が225品掲載!




ボリューム満点の品から、安い食材で作る節約ご飯まで、曜日ごとのレシピが書かれていたり、食材ごとのレシピが書かれていたり。

とても見やすいレイアウトで、しかも作り方も分かりやすくて、実際に何品か作ったのですが優しい味付けでとっても美味しかったです。

料理の一品に困った時とかにオススメです。





2014.07.17(Thu) | 【その他】:いろいろ | cm(0) | tb(0) |

中国嫁日記(一)






井上純一さんの
『中国嫁日記(一)』
を読みました。


40代のオタクの男性が結婚したのは、なんと10歳以上歳の離れた20代の中国人女性。
このお嫁さんが面白い。
その面白さをみんなに伝えたい!ということで始めたWeb4コマブログをまとめた一冊。


いやぁ、本当に面白かったです。

天真爛漫な奥様に振り回される著者さんの様子も面白いし、奥様の前向きさも素敵だし、

読んでいてほっこりとしました。

愛に歳の差とか国の差とか色んなものは関係なくて、大事な人と一緒にいることの素晴らしさを改めて教えていただいたような感じがします。

4コマも面白いのですが、後半にある描き下ろし長編「中年男と中国娘」がまた面白い。

現実は小説よりも奇なり。

本当にこんなことがあるのですね。これまたほっこりさせていただきました。

まだまだ続巻もあるそうなので楽しみです。




2014.07.16(Wed) | 【あ行】:井上 純一 | cm(0) | tb(0) |

かわいいころを過ぎたら 『ママはぽよぽよザウルスがお好き』リュウの思春期ルポ




青沼貴子さんの


『かわいいころを過ぎたら 『ママはぽよぽよザウルスがお好き』リュウの思春期ルポ』を読みました。



可愛かった男の子も成長して思春期を迎えると色々とあるもの。
母親には理解できない行動や考え方など、息子さんの成長を通して世の中のお母さんに届けるあったか子育てエッセイ。



誰しもが迎える思春期特有のあれこれを、母親の視点から面白おかしく描いてくれています。

「そうか、そうだった。」と子どもの視点から見てみると、自分の思春期と重なる部分もあって感慨深いです。

こうして皆大人になっていくんですよね。

私は「ママはぽよぽよザウルスがお好き」を読んだことが無いのですけれど、それでも楽しかったです。

読んだことがある方だと、もっと面白いと思います。




2014.07.15(Tue) | 【あ行】:青沼 貴子 | cm(0) | tb(0) |