FC2ブログ
最近読んだ本
本を読む人

蓮

Author:蓮
ミステリーやらエッセイやら何やかや、その都度気になった本を読んでいます。
最近はファンタジーもちょこちょこと。

月別読破数
リンク
RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
682位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
387位
アクセスランキングを見る>>


コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

毒草師 パンドラの鳥籠 / 高田崇史



毒草師 パンドラの鳥籠

2012.12.30. / 朝日新聞出版



丹後のある場所に「魔女の鳥籠」と呼ばれている廃墟がある。
そこには何百年も生きる魔女が住んでいると噂されている。
ある生薬学者が「魔女の薬草」を求めてその館に行き、行方不明になった。
その捜索を頼まれた西田は御名形らと共に現地に向かうが、この事件には「浦島伝説」が深く関わっているようで・・・



今回は知る人ぞ知る「浦島太郎」の謎に迫りながら事件を解いて行くという話で、これまた面白かったです。
前巻から引き続いて神凪百合さんが登場したりして、シリーズの繋がりを感じる場面もあって。
昔から神秘に包まれている魔女と、その魔女の薬草や軟膏の話、そして首無し死体。
どう繋がって行くのかと思ったら、そんな風に繋がって、色々とビックリさせられました。
一気に読むことが出来ました。楽しかったです。次巻も楽しみです。



スポンサーサイト



2016.01.29(Fri) | 【た行】:高田 崇史 | cm(0) | tb(0) |

ずさんな家計を整えました。 ずぼらさんのためのお金の安心塾 / 上大岡トメ



ずさんな家計を整えました。―ずぼらさんのためのお金安心塾

2012.12.21. / 株式会社メディアファクトリー



「家計簿はつけなくていい」・・・そんな家計術があるんです。
ずぼらな著者をファイナンシャル・プランナーの畠中雅子が指導。



そんな方法があるのか、と思うような方法の紹介でした。
特にビックリしたのは特別出費の割合と、通帳の使い方でした。
家計を整えるには色々な方法があるんですね。



2016.01.29(Fri) | 【か行】:上大岡 トメ | cm(0) | tb(0) |

イデアの影 / 森博嗣



イデアの影

2015.11.25. / 中央公論新社



愛情や欲望は土の中へ持ち込めない。
さざめく世界と、夢と現実と。
これは「彼女」が体験した儚くて綺麗で切ない物語。



なんだか不思議な話でした。
不思議な世界のような感じで、彼女と一緒に夢と現実を行き来しているような感じでした。
亡くなった人たちのことをもっと知りたくなりました。
彼女の見ていた世界は残酷だけれどある意味優しかったのかもしれません。



2016.01.21(Thu) | 【森博嗣】:シリーズ外の小説 | cm(0) | tb(0) |

うた恋い。和歌撰 恋いのうた。 / 著:渡部泰明、画:杉田圭



うた恋い。和歌撰 恋いのうた。

2013.3.15. / 株式会社メディアファクトリー



あの「うた恋い。」の渡部泰明&杉田圭が、恋にまつわる和歌について解説。
漫画と解説が交互に織りなされ、中井和哉&桑島法子が詠み上げるCD付き。
今も昔も変わらない、恋の世界をご堪能あれ。



和歌って凄いんですよ。
深い。綺麗。
時を越えて伝えられる恋の歌。今の世界にもありそうな恋バナ。
凄いなぁ。それにしても昔の人は何とも複雑な恋をしているんだな。
CDも豪華でした。
漫画ばかりと思っていたら、解説ページもいっぱいで、色々とお得な一冊でした。



2016.01.17(Sun) | 【わ行】:渡部 泰明 | cm(0) | tb(0) |

ドラッグ・コート2 ――哀しいネズミと復讐の罠 / 天堂里砂



ドラッグ・コート2 - 哀しいネズミと復讐の罠 (C・NOVELSファンタジア)

2013.10.25. / 中央公論新社



<ギフト>を販売していると言う高級クラブに侵入した城之崎。
そこで、彼はオーナーであり、自身も<ギフト>の被害者だという斯波麗子に会う。
<ギフト>に纏わる話と、城之崎と御堂の過去も明らかとなる。



約1年ぶりに第2巻を読むことが出来ました。
最初、ちょっと忘れていて記憶を思い出すのに時間がかかりましたが、読み進めて行くと思い出して行くものですね。
今回は城之崎と御堂の過去の話とか、斯波麗子の話とか、また<ギフト>の側面が見えたりして面白かったです。
そしてちょっと物悲しかったです。
これから先、どうやって話が進んで行くのか楽しみです。早めに次巻を読みたいものです。



2016.01.17(Sun) | 【た行】:天堂 里砂 | cm(0) | tb(0) |

聞くだけで自律神経が整うCDブック / 著:小林弘幸、音楽:大矢たけはる



聞くだけで自律神経が整うCDブック

2014.11.4. / 株式会社アスコム



自律神経が不調になると身体も心も不調になる。
そんな自律神経を聞くだけで整えてくれるCD付き。
効果は人それぞれだけれど、一度聞いてみてはいかがでしょう。



ようやく聞くことが出来ました。
自律神経の状態をチェックするところがあるんですけれど、結果は、まぁ予想通り・・・
改めてガクっときました。
ああ、自分ってこんな状態なんだな、と。
面白かったのは「3行日記」の記述。
自分は今も書ける時は毎日日記を書いているのですけれど、それは日記と言うよりかは何をしたかっていう記録みたいな感じ。
3行日記のことを知って、またちょっと日記の書き方を変えてみようかな、とも思いました。
肝心のCDの効果は人それぞれだそうですけれど、リラックスする感じの曲でした。
あー、自律神経、整えたい!!





2016.01.14(Thu) | 【その他】:いろいろ | cm(0) | tb(0) |

あなたにめぐりあえてほんとうによかった / 書・詩:相田みつを、絵:みつはしちかこ



あなたにめぐりあえてほんとうによかった (絆シリーズ特別編)

2011.3.3. / ダイヤモンド社



相田みつをの詩をみつはしちかこの絵が彩る。



「あなたにめぐりあえてほんとうによかった」
この言葉がじーんと心に沁みてきます。
相田みつをさんの優しい詩の数々を、みつはしちかこさんが優しくてあたたかな絵で彩ってくれています。
みつはしちかこさんのチッチとサリーの物語も一緒に楽しめる一冊です。
ほっこりしました。



2016.01.10(Sun) | 【あ行】:相田 みつを | cm(0) | tb(0) |

7年目のツレがうつになりまして。 / 細川貂々



7年目のツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

2011.9.10. / 株式会社 幻冬舎



ツレがうつになって7年目。
その間に、「ツレうつ」がドラマ化され、映画化された。



「ツレうつ」をきっかけに「うつ」について世の中の人々の受け止め方が変わってきたのではないかと思います。
自分もこの12年で自身のことを初めて告白した際の相手の受け止め方が変わってきたように感じています。
ツレさんが、貂々さんや息子さん、周りの方たちと一緒に新たな人生を歩まれているように、私も私の周りの大事な人たちと少しずつでも前進していきたいです。



2016.01.09(Sat) | 【は行】:細川 貂々 | cm(0) | tb(0) |

ツレがうつになりまして。 / 細川貂々



ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

2006.3.25. / 株式会社 幻冬舎



39歳、会社員のツレがある日突然うつになった。
変化していくツレとの生活。
著者が当時のことを漫画で描き、ツレのつぶやきも収録。



私自身もうつを発症して12年目になります。
この本の存在は以前から知っていたのですが、12年目にしてようやく読むことが出来ました。
このような本を読めるような状態になるまで12年かかったとも言えます。
本書で描かれているツレさんの症状には共感することが多いです。
私自身はツレさんのような回復にはまだまだ遠い時点ですが、自分のペースで少しずつですが出来ることが増えてきています。
いつか私もツレさんのように克服して社会復帰したいなと思いながら、読ませていただきました。
ずっと支えてくれている、家族や周りの人たちに感謝するばかりです。



2016.01.09(Sat) | 【は行】:細川 貂々 | cm(0) | tb(0) |

中国嫁日記(四) / 井上純一



中国嫁日記(四)

2015.2.12. / 株式会社KADOKAWA



40代オタク夫と20代中国人妻の日常を描く面白四コマ第4弾。
中国と日本を行き来しながらの生活のあれこれ。
今回の描き下ろしは「不妊治療」について。



相変わらず四コマはほっこりと楽しみながら読みました。
月さんの前向きさは本当に凄い。
描き下ろし漫画については凄く考えさせられました。
子どもを授かるって本当に凄いことなんですよね。



2016.01.08(Fri) | 【あ行】:井上 純一 | cm(0) | tb(0) |

森下えみこの私の敬語正しいと思っていたけれど。 / 著:森下えみこ、監修:美月あきこ



森下えみこの 私の敬語、正しいと思っていたけれど。 (コミックエッセイ(実用))

2014.2.21. / 株式会社KADOKAWA



分かっているようで実は間違った敬語を使っていたということはありませんか。
この本ではそんな社会スキルで重要な位置を占める敬語について、分かり易く教えてくれます。



学生時代に一通り習った敬語。
でも社会に出ると色々と間違った敬語を使ってしまっている。
私もその内の一人です。
「みんなが使っているから正しい敬語だ」と言う訳ではないんだということを再認識しました。
改めて考えると敬語って本当に難しい。でも重要な社会スキルだな、と思いました。
これを読んでこれからはもっと気を付けようと思いました。



2016.01.08(Fri) | 【ま行】:森下 えみこ | cm(0) | tb(0) |

悪ノ大罪 ヴェノマニア公の狂気 / 悪ノP(monthy)



悪ノ大罪 ヴェノマニア公の狂気

2013.1.9. / 株式会社 PHP研究所



大罪の器・・・それはこの世に七つ存在すると言われる悪魔の道具だ。
その中の「色欲」の大罪の器、ヴェノム・ソード。
これは、ベルゼニア帝国アスモディン地方の領主、サテリアジス=ヴェノマニア公爵にまつわる話。



大罪シリーズ、第1弾です。
色欲の罪に溺れたヴェノマニア公の寂しさと狂気。
虜とされた女性たちの話。
愛ってなんだろうって考えさせられました。
本当、愛ってなんだろう。
最後はなんとも言えない切なさが残りました。



2016.01.08(Fri) | 【あ行】:悪ノP(mothy) | cm(0) | tb(0) |

「三毛猫ホームズシリーズ」リスト その5(41~50)

【41】三毛猫ホームズの降霊会

三毛猫ホームズの降霊会 (光文社文庫)



2005.1.21. 光文社 / 2008.4.10. 光文社



【42】三毛猫ホームズの危険な火遊び

三毛猫ホームズの危険な火遊び (光文社文庫)



2006.2.22. 光文社 / 2009.2. 光文社



【43】三毛猫ホームズの暗黒迷路

三毛猫ホームズの暗黒迷路 (光文社文庫)



2007.3.20. 光文社 / 2010.4.8. 光文社



【44】三毛猫ホームズの茶話会

三毛猫ホームズの茶話会 (光文社文庫)



2008.2.21. 光文社 / 2011.4.12. 光文社



【45】三毛猫ホームズの十字路

三毛猫ホームズの十字路 (光文社文庫)



2009.5.21. 光文社 / 2012.3.13. 光文社



【46】三毛猫ホームズの用心棒

三毛猫ホームズの用心捧 (光文社文庫)



2009.12.17. 光文社 / 2013.4.11. 光文社



【47】三毛猫ホームズは階段を上る

三毛猫ホームズは階段を上る (光文社文庫)



2011.2.19. 光文社 / 2014.3.28. 光文社



【48】三毛猫ホームズの夢紀行

三毛猫ホームズの夢紀行 (光文社文庫)



2012.4.5. 光文社 / 2015.3.27. 光文社



【49】三毛猫ホームズの闇将軍

三毛猫ホームズの闇将軍 (カッパ・ノベルス)



2013.6.19. 光文社 



【50】三毛猫ホームズの回り舞台

三毛猫ホームズの回り舞台 (カッパ・ノベルス)



2015.5.20. 光文社

2016.01.04(Mon) | 【赤川次郎】:三毛猫ホームズ | cm(0) | tb(0) |

「三毛猫ホームズシリーズ」リスト その4(31~40)

【31】三毛猫ホームズの無人島

三毛猫ホームズの無人島 (角川文庫)



1997.4. 光文社 / 2000.3. 光文社 / 2008.5.24. 角川書店



【32】三毛猫ホームズの四捨五入

三毛猫ホームズの四捨五入 (角川文庫)



1997.12. 光文社 / 2001.2. 光文社 / 2009.6.25. 角川書店



【33】三毛猫ホームズの暗闇

三毛猫ホームズの暗闇 (角川文庫)



1998.5. 光文社 / 2001.7. 光文社 / 2010.6.25. 角川書店



【34】三毛猫ホームズの大改装(リニューアル)

三毛猫ホームズの大改装 (角川文庫)



1998.12. 光文社 / 2001.12. 光文社 / 2011.5.25. 角川書店



【35】三毛猫ホームズの恋占い

三毛猫ホームズの恋占い (角川文庫)



1999.7. 光文社 / 2002.12.10. 光文社 / 2012.3.24. 角川書店



【36】三毛猫ホームズの最後の審判

三毛猫ホームズの最後の審判 (角川文庫)



2000.1. 光文社 / 2003.4.10. 光文社 / 2013.5.25. 角川書店



【37】三毛猫ホームズの花嫁人形

三毛猫ホームズの花嫁人形 (角川文庫)



2001.4. 光文社 / 2004.4.14. 光文社 / 2014.5.25. 角川書店



【38】三毛猫ホームズの仮面劇場

三毛猫ホームズの仮面劇場 (角川文庫)



2002.4. 光文社 / 2005.4.12. 光文社 / 2015.5.23. 角川書店



【39】三毛猫ホームズの戦争と平和

三毛猫ホームズの戦争と平和 (光文社文庫)



2002.12.13. 光文社 / 2006.4.12. 光文社



【40】三毛猫ホームズの卒業論文

三毛猫ホームズの卒業論文 (光文社文庫)



2003.10.21. 光文社 / 2007.4.12. 光文社

2016.01.04(Mon) | 【赤川次郎】:三毛猫ホームズ | cm(0) | tb(0) |

「三毛猫ホームズシリーズ」リスト その3(21~30)

【21】三毛猫ホームズのフーガ

三毛猫ホームズのフーガ (角川文庫)



1991.12. 光文社 / 1994.12. 光文社 / 1998.5. 角川書店
*読了/あらすじ・感想ページを開く



【22】三毛猫ホームズの傾向と対策

三毛猫ホームズの傾向と対策 (角川文庫)



1992.8. 光文社 / 1995.7. 光文社 / 1999.4. 角川書店
*読了/あらすじ・感想ページを開く



【23】三毛猫ホームズの家出

三毛猫ホームズの家出 (角川文庫)



1992.12. 光文社 / 1996.2. 光文社 / 2000.5. 角川書店
*読了/あらすじ・感想ページを開く


【24】三毛猫ホームズの心中海岸

三毛猫ホームズの心中海岸 (角川文庫)



1993.7. 光文社 / 1996.12. 光文社 / 2001.5.25. 角川書店
*読了/あらすじ・感想ページを開く



【25】三毛猫ホームズの<卒業>

三毛猫ホームズの「卒業」 (角川文庫)



1993.12. 光文社 / 1997.2. 光文社 / 2002.5.24. 角川書店
*読了/あらすじ・感想ページを開く



【26】三毛猫ホームズの安息日

三毛猫ホームズの安息日 (角川文庫)



1994.5. 光文社 / 1997.11. 光文社 / 2003.5.24. 角川書店



【27】三毛猫ホームズの世紀末

三毛猫ホームズの世紀末 (角川文庫)



1995.3. 光文社 / 1998.5. 光文社 / 2004.5.25. 角川書店



【28】三毛猫ホームズの正誤表

三毛猫ホームズの正誤表 (角川文庫)



1995.11. 光文社 / 1998.12. 光文社 / 2005.5.25. 角川書店



【29】三毛猫ホームズの好敵手(ライバル)

三毛猫ホームズの好敵手(ライバル) (角川文庫)



1996.3. 光文社 / 1999.4. 光文社 / 2006.5.25. 角川書店



【30】三毛猫ホームズの失楽園

三毛猫ホームズの失楽園 (角川文庫)



1996.11. 光文社 / 1999.11. 光文社 / 2007.5. 角川書店

2016.01.04(Mon) | 【赤川次郎】:三毛猫ホームズ | cm(0) | tb(0) |

やなせたかしのおとなのメルヘン 足みじかおじさんの旅 あきらめないで / やなせたかし



足みじかおじさんの旅 あきらめないで (やなせたかしのおとなのメルヘン)

2011.5.25. / 株式会社 新日本出版社



足みじかおじさんが帰って来た。
現実と夢の狭間に存在する足みじかおじさんが、今回も困っている人たちを助けます。
ちょっと不思議で、ちょっと笑える、そんなおとなのメルヘンが詰まった一冊。



今回も不思議な感じの一冊でした。
ほっこりというか、くすっというか、むむっと言うか。
なんか色んな不思議が詰まっていました。
一気に読めて面白かったです。
足みじかおじさん、私のところにもやって来てくれないかな。



2016.01.03(Sun) | 【や行】:やなせ たかし | cm(0) | tb(0) |

三毛猫ホームズの登山列車 / 赤川次郎



三毛猫ホームズの登山列車 (角川文庫)

平成3年12月10日 / 株式会社角川書店



スイスにやって来たホームズ一行。
ユングフラウヨッホで片山は、姉を亡くした多田靖子という少女と出会う。
様々な人の恋愛模様が錯綜する中、遠く離れた日本とスイスで事件が起こる。
犯人は一体・・・!?



三毛猫ホームズシリーズ第14弾。
遂にヨーロッパ編も終了です。
なんというか、切なかったなぁ。
秘めた恋、叶わぬ恋、幸せな恋・・・色んな恋があるけれども、中々ハッピーエンドにはならないのかな。
人を想う事のままならなさ、情熱の強さ、打算とか色んなのが見えた一冊でした。
日本から遥か離れたヨーロッパの地で、色々な事件に立ち向かった片山たち、お疲れ様でした。
日本に戻ったら少しは休めたら良いのだけれど。
やっぱりシリーズ物は順番通りに読むのが分かりやすいな、と思った一冊でもありました。



2016.01.03(Sun) | 【赤川次郎】:三毛猫ホームズ | cm(0) | tb(0) |

「三毛猫ホームズシリーズ」リスト その2(11~20)

【11】三毛猫ホームズの幽霊クラブ

三毛猫ホームズの幽霊クラブ (角川文庫)



1985.11. 光文社 / 1988.10. 角川書店 / 1990.1. 光文社
*読了/あらすじ・感想ページを開く



【12】三毛猫ホームズの感傷旅行

三毛猫ホームズの感傷旅行 (角川文庫)



1986.4. 光文社 / 1989.4. 光文社 / 1990.5. 角川書店
*読了/あらすじ・感想ページを開く




【13】三毛猫ホームズの歌劇場(オペラハウス)

三毛猫ホームズの歌劇場(オペラハウス) (角川文庫)



1986.10. 光文社 / 1989.12. 光文社 / 1990.11. 角川書店
*読了/あらすじ・感想ページを開く



【14】三毛猫ホームズの登山列車

三毛猫ホームズの登山列車 (角川文庫)



1987.11. 光文社 / 1990.12. 光文社 / 1991.12. 角川書店
*読了/あらすじ・感想ページを開く



【15】三毛猫ホームズと愛の花束

三毛猫ホームズと愛の花束 (角川文庫)



1988.1. 光文社 / 1991.4. 光文社 / 1992.3. 角川書店



【16】三毛猫ホームズの騒霊騒動(ポルターガイスト)

三毛猫ホームズの騒霊騒動(ポルターガイスト) (角川文庫)



1988.7. 光文社 / 1991.12. 光文社 / 1993.3. 角川書店
*読了/あらすじ・感想ページを開く



【17】三毛猫ホームズのプリマドンナ

三毛猫ホームズのプリマドンナ (角川文庫)



1989.1. 光文社 / 1992.4. 光文社 / 1994.10. 角川書店
*読了/あらすじ・感想ページを開く



【18】三毛猫ホームズの四季

三毛猫ホームズの四季 (角川文庫)



1990.1. 光文社 / 1993.4. 光文社 / 1995.10. 角川書店
*読了/あらすじ・感想ページを開く



【19】三毛猫ホームズの黄昏ホテル

三毛猫ホームズの黄昏ホテル (角川文庫)



1990.11. 光文社 / 1993.12. 光文社 / 1996.9. 角川書店 / 2004.12.1. 岩崎書店
*読了/あらすじ・感想ページを開く



【20】三毛猫ホームズの犯罪学講座

三毛猫ホームズの犯罪学講座 (角川文庫)



1991.5. 光文社 / 1994.7. 光文社 / 1997.5. 角川書店
*読了/あらすじ・感想ページを開く

2016.01.02(Sat) | 【赤川次郎】:三毛猫ホームズ | cm(0) | tb(0) |

「三毛猫ホームズシリーズ」リスト その1(1~10)

【1】三毛猫ホームズの推理   

三毛猫ホームズの推理 (角川文庫 (5680))



1978.4. 光文社 / 1984.4. 角川書店 / 1985.3. 光文社
*読了/あらすじ・感想ページ無し



【2】三毛猫ホームズの追跡  

三毛猫ホームズの追跡 (角川文庫 (6223))



1979.8. 光文社 / 1984.11. 光文社 / 1985.10. 角川書店
*読了/あらすじ・感想ページ無し



【3】三毛猫ホームズの怪談  
 

三毛猫ホームズの怪談 (角川文庫 (5784))



1980.12. 光文社 / 1984.7. 角川書店 / 1985.6. 光文社
*読了/あらすじ・感想ページを開く



【4】三毛猫ホームズの狂死曲(ラブソディー)   

三毛猫ホームズの狂死曲(ラプソデイー) (角川文庫 (6248))



1981.6. 光文社 / 1985.1. 光文社 / 1985.11. 角川書店
*読了/あらすじ・感想ページを開く



【5】三毛猫ホームズの駈落ち

三毛猫ホームズの駈落ち (角川文庫 (5946))



1981.11. 光文社 / 1984.12. 角川書店 / 1985.10. 光文社
*読了/あらすじ・感想ページを開く



【6】三毛猫ホームズの恐怖館

三毛猫ホームズの恐怖館 (角川文庫)



1982.7. 光文社 / 1985.7.15. 光文社 / 1986.6. 角川書店
*読了/あらすじ・感想ページを開く



【7】三毛猫ホームズの運動会

三毛猫ホームズの運動会 (角川文庫)



1983.3. 光文社 / 1986.4. 角川書店 / 1987.3. 光文社
*読了/あらすじ・感想ページを開く



【8】三毛猫ホームズの騎士道

三毛猫ホームズの騎士道 (角川文庫)



1983.9. 光文社 / 1986.10. 光文社 / 1988.2. 角川書店
*読了/あらすじ・感想ページを開く



【9】三毛猫ホームズのびっくり箱

三毛猫ホームズのびっくり箱 (角川文庫)



1984.2. 光文社 / 1987.4. 光文社 / 1988.7. 角川書店
*読了/あらすじ・感想ページを開く



【10】三毛猫ホームズのクリスマス

三毛猫ホームズのクリスマス (角川文庫)



1984.12. 光文社 / 1987.12. 光文社 / 1988.12. 角川書店
*読了/あらすじ・感想ページを開く

2016.01.02(Sat) | 【赤川次郎】:三毛猫ホームズ | cm(0) | tb(0) |

12月に読んだ本

鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐


<独角>の頭のヴァン。天才医術師ホッサル。それぞれの黒狼熱との戦いが始まる。



日本人の知らない日本語4 海外編


海外で日本語を学んでいる人たちを著者たちが取材。



月光の誘惑


様々な愛の形がまるで月光のように人々を惑わす。



レオナルド・ダ・ヴィンチ (小学館版学習まんが人物館)


「最初の近代人」と呼ばれるレオナルド・ダ・ヴィンチの一生。



真庭語 初代真庭蝙蝠 初代真庭喰鮫 初代真庭蝶々 初代真庭白鷺 (講談社BOX)


時は戦国の世。初代真庭忍軍十二頭領の話。



ムカシ×ムカシ (講談社ノベルス)


資産家の百目鬼家当主夫妻が殺された。美術品の鑑定とリスト作成がSYアート&リサーチに依頼される。



サイタ×サイタ (講談社ノベルス)


連続爆弾魔:チューリップが世間を騒がせている。そんな中、ある人物を調査して欲しいとの依頼がSYアート&リサーチに舞い込む。



私と悪魔の100の問答 Questions & Answers of Me & Devil in 100 (講談社ノベルス)


これは私と悪魔・・・ハズレ君の100の問答の話。正しい答えはありません。



鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐


ヴァンとホッサルが遂に出会う。彼らの黒狼熱との戦いの行く末は・・・




ひとり暮らしな日々。


「東京で絵の仕事がしたい」と上京してきた著者。初めての家探しから始まったひとり暮らしのあれこれを描く。



三毛猫ホームズの幽霊クラブ (角川文庫)


ドイツの古城を改装したホテルで休暇を過ごすホームズ一行。そこで四人の女の子に出会い…



神様の御用人 (メディアワークス文庫)


宣之言書(のりとごとのしょ)を託された良彦は、神様の御用人となる。



とりかえばや物語 (文春文庫 た 3-51)


権代納言家の姫君・春風と若君・秋月。春風は男の子のように、秋月は女の子のように育つ。



スティーブ・ジョブズ (学習漫画 世界の伝記NEXT)


コンピュータを私たちの身近なものにしてくれた情熱溢れる人物の一生。



井伏鱒二―福山が生んだ偉大な作家 まんが物語 (まんが「福山を知ローゼ」)


「山椒魚」「黒い雨」で知られる井伏鱒二の一生。




12月は15冊読了した。読了した本と紹介した本の数が一緒だった。嬉しいことだ。

上橋菜穂子さんの「鹿の王」は本当に感動した。流石、本屋大賞受賞作。

「Xシリーズ」は最新作が出るのが楽しみ。また森博嗣さんの本を読み始めることが出来た。

上遠野浩平さんの「ソウルドロップシリーズ」以外を初めて読んだ。面白かった。ソウルドロップシリーズの続きが早く読みたい。

赤川次郎さんの「三毛猫ホームズシリーズ」をまた読み始めた。これは一気に読んでしまいたい。シリーズ以外の著書もやっぱり面白い。また色々読みたいな。

浅葉なつさんの「神様の御用人シリーズ」は泣けた。是非とも続きを読みたい。

田辺聖子さんの古典の現代語訳シリーズも少しずつ読みたい。

伝記モノはどれも面白い。

良い本に出会えて幸せだな。

でも、読みたい本が多すぎるのに自分が遅読なために中々追いつけなくて悔しい。

もっと読んで色んな世界に出会えたら良いな。

2016.01.02(Sat) | お知らせ | cm(0) | tb(0) |

手相占いであなたの幸せ引き寄せます! / 卯野たまご



手相占いであなたの幸せ引き寄せます!

2013.1.18. / 株式会社メディアファクトリー



ある日、占い師のおじいにスカウトされた著者。
言われるがままに10年間で2000人もの人を無料で見ることに。
手相が教えてくれた不思議なお話がいっぱい。



手相って変わるんですよね。
実話だから面白さも不思議さもいっぱい。
著者さんの占いの力は凄いですね。私にもそんな風に見えたら面白いだろうな。
本書を読みながら自分の手相とにらめっこしてたのですが、うむむ・・・って感じです。
手相が良い方向に変わるように、前向きな気持ちで過ごして行きたいな。



2016.01.02(Sat) | 【あ行】:卯野 たまご | cm(0) | tb(0) |

蓮華君の不幸な夏休み 4 / 海原育人



蓮華君の不幸な夏休み4 (C・NOVELSファンタジア)

2013.3.25. / 中央公論新社



遂にラスボス・日下部明日香との決戦の火蓋が切られた!
タトゥを無くし力を失った蓮華晴久は、果たして自らが望む穏やかな生活を取り戻すことが出来るのだろうか!?



遂にシリーズ完結です。
前回タトゥを無くした晴久がこの絶体絶命の危機をどうやって乗り越えるのかとハラハラしながら読みました。
三つ葉のシャーマンたちも出てくるし、読み応え抜群でした。
話は終わったのですが、続きが読みたい・・・と思えるくらいキャラクターたちも魅力的でした。
面白かったです。ありがとうございました。



2016.01.01(Fri) | 【あ行】:海原 育人 | cm(0) | tb(0) |