FC2ブログ
最近読んだ本
本を読む人

蓮

Author:蓮
ミステリーやらエッセイやら何やかや、その都度気になった本を読んでいます。
最近はファンタジーもちょこちょこと。

月別読破数
リンク
RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
682位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
387位
アクセスランキングを見る>>


コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

ハキダメ。 銀行員七野夏姫の渉外日誌 / ぺんたぶ



ハキダメ。 銀行員七野夏姫の渉外日誌

2016.5.11. / 株式会社 KADOKAWA



ミツバ銀行新宿支店渉外七課―通称「ハキダメ」。
七野夏姫はこの部署から何とかして脱出しようと奮闘していた。
そんなある日、経済産業省が打ち出した「クールジャパンプロジェクト」によって七野にある話が持ち上がり・・・



「クールジャパンプロジェクト」―――日本の漫画やアニメや小説などのコンテンツ産業を国を挙げて海外に展開していこう大作戦。
とっても良いな、と思いました。
それに対して銀行員の渉外担当の七野がどう関わってくるか、周りにどんな動きがあるか、読んでいてとても面白かったです。
前作の『作家彼女。 九条春華の「八坂が恋に落ちるまで」』を読んでいたらもっと面白いんだろうな、と思います。
残念ながら私はまだ読めていないので、機会があったら読みたいです。
いやぁ、それにしても勢いがあったし面白かった。銀行の役割とはこんな感じなのか、と。
著者さんが銀行員なので、銀行のあれこれが詳細に説明されていたり、こう・・・色んなジレンマに読んでいて苦しくなったり。
クールジャパンプロジェクトは現実ではどんな感じで実現されているのかな。
このプロジェクト自体も凄く魅力的で、登場人物たちも魅力的で、日誌形式で書かれていくのも面白くて。
その日の日誌を読み終わったら次の日の日誌が気になって気になって。
いやぁ、最後はしてやられた感満載でした。
次はどんな作品かな。楽しみだな。



「でも、アニメは違う。日本のものがダントツで最高品質です。同じモノは、どこにもない」
ジャパン・アズ・オンリーワン。


マンガやアニメは芸術であり、そして万人が楽しめる商品だ


地べたを這いつくばってるときにコケてもケガはしないけど、高いところを飛んでるときに墜落したら命に関わる


冷たい方程式。
一を救い、百を殺すか。
あるいは百を救うために、一を見殺しにするか――





スポンサーサイト



2016.10.09(Sun) | 【は行】:ぺんたぶ | cm(0) | tb(0) |

神の時空 ―伏見稲荷の轟雷― (かみのとき ―ふしみいなりのごうらい―) / 高田崇史



神の時空 ―伏見稲荷の轟雷―

2016.3.2. / 株式会社講談社



京都の伏見稲荷大社で千本鳥居に4人の遺体が吊るされていた。
辻曲彩音たちは、稲荷山の神に鎮まっていただこうと山に向かうが狐たちに行く手を阻まれてしまう。
対策を練っている彩音たちは、狐憑きの家系の樒祈美子と出会う。

シリーズ第6弾。



嚴島からの帰り道、今度は京都で事件が起こります。
それがね、結局は全部繋がっているんですよね。
高村皇が目指しているものと、彩音たちが求めているものが複雑に交錯しているように感じます。
稲荷と言えば狐。
私の認識もそうでした。
でも、この本を読むと、稲荷が狐に繋がっていったその過程を知ることが出来ました。
そうだったのか、と。
やっぱり、歴史は奥深いですね。
摩季が亡くなって五日目。
タイムリミットが迫っています。
今後どのような展開になっていくのか、ドキドキしながら読ませてもらおうと思います。



全ての事象には、きちんと裏打ちされた理由があるものだ。それを知っておかないと、神懸かりだ、神威だという伝説になってしまう。


ぼくらが普通にイメージする狐というのは、十一世紀以降の姿というわけですね。それ以前は、稲荷は稲荷、狐は狐だった


此(こ)れを思ふに、此様(かよう)の者は、此(か)く者の恩を知り虚言(そらごと)を不為(せ)ぬ也けり。然れば、自然(おのずか)ら便宜有て可助(たすくべ)からむ事有らむ時は、此様の獣をば必ず可助(たすくべ)き也。(中略)このような狐は恩を知っており、虚言を吐かない。かえって人間の場合の方が、このような動物より恩知らずである


木生火、木は火を生む。
火生土、火は土を生む。
土生金、土は金を生む。
金生水、金は水を生む。
水生木、水は木を生む。


神は、自分の体験した不幸が我々に降りかからないように、手を差しのべてくれる。


たとえば自分の住んでいる土地の、本当の地主神を知らないまま暮らしている人間が殆どでしょう。





2016.10.06(Thu) | 【た行】:高田 崇史 | cm(0) | tb(0) |

くまのプーさん 心がスッキリする幸せのヒント / 監修:枡野俊明



くまのプーさん 心がスッキリする幸せのヒント

2016.3.30. / 株式会社KADOKAWA



プーさんたちの可愛いイラストと共に禅の教えを学ぶ一冊。



見開き1ページにプーさんたちの可愛らしいイラストと、禅の教えである禅語が分かりやすく解説されていて、読んでいて少しずつ光が見えてくる感じでした。
4つの章で構成されているのですが、自分が気になるところはやっぱり付箋が多かったです。
聞いたことのある言葉もあれば、初めて知る言葉もあって勉強になりました。
少しずつでも自分の中に取り込んで行って、楽に生きたいものです。



今、この瞬間を大切に生きよう
而今(にこん)


自分の生き方は自分で決める!
主人公(しゅじんこう)


人と違うことこそ、価値がある
春色無高下 花枝自短長(しゅんしょくにこうげなく かしおのずからたんちょう)


苦しみの中で育んだものこそ、本当の宝物
苦中楽(くちゅうのらく)


ありのままの自分を受け入れる
柳緑花紅(やなぎはみどり はなはくれない)


しなやかに、したたかに生きる
八風吹不動(はっぷうふけどもどうぜず)


人の助けがあるから生きていける
受身捨身(じゅしんしゃしん)





2016.10.03(Mon) | 【その他】:いろいろ | cm(0) | tb(0) |

魔法の色を知っているか?What Color is the Magic? / 森博嗣



魔法の色を知っているか? What Color is the Magic?

2016.1.18. / 株式会社 講談社



ハギリ博士は人工生体技術に関するシンポジウムに参加する為、ウグイとアネバネと共にチベットを訪れた。
そこで、チベットのナクチュという特別居住区では、今でもなお人間の子どもが生まれていることを知る。
ところが、シンポジウムのレセプションで事件が起こる。
人間とウォーカロンが存在する世界で、生命というものにつて考えさせられるシリーズ第2弾。



いやぁ、今回も難しかったです。
これはかなり未来の話なんですけれどね。
ウォーカロンが人間と区別出来なくなってきた時代の話。
そんな未来がやって来た時、ここに描かれているようなことが起こるのかもしれません。
人間自体も長寿になっていったら、本当にどこが境目になるんでしょうね。
新キャラのアネバネも不思議な人物ですよ。ウグイは相変わらずですけれど。
それにしても、真賀田四季の先を見据える力というのはあまりにも圧倒的過ぎて凄いですよね。
S&Mシリーズから続くずーーーーっと未来の話。
今回も最後に大きな爆弾がありました。
これからどうなって行くのかな。



2016.10.02(Sun) | 【森博嗣】:Wシリーズ | cm(0) | tb(0) |

あっ!命の授業 / ゴルゴ松本



あっ! 命の授業

2015.5.1. / 株式会社廣済堂出版



日本語が持つ言葉の力に奥深さ。
分かりやすい言葉で教えてくれる、心に響く一冊。



日本語って凄いですね。
漢字って面白いですね。
生きるって大変だけれど、生きているって、生かされているって有り難いですね。
色んな言葉を通して、背中を押された感じがします。
付箋もいっぱい貼りました。いつもよりも沢山使いました。
なんだか少し変われた気がします。
素敵な一冊でした。



あなたが笑うのは、あなたという花が咲くのと同じなんです。
今はまだ蕾でも、いい時期が来たら必ず笑顔が咲きます。


自分の言ったことは最後まで信じるんです、責任を持つんです。全力で行くんです。
自分を自分が信じなかったら誰が信じるんですか?


不安があると、不安を消し去るために行動を起こす。
不安を人生を切り拓いていく力に変えることも出来るんです。


「涙」はさんずいに「戻」。
涙を流して戻しなさい、自分をリセットしなさい。
そして、涙を流したら、
大きな戸を開けて未来に踏み出そう。


辛に一本足すと「幸」。
辛くても、何か一つ足すだけで幸せになれるんです。


危険と感じたら逃げなくちゃいけません。
逃げて高台に登って周囲を眺める。
「逃」のしんにょうをめへんに変えるんです。
そして、状況を把握したら今度はてへんに変えて、
何かに挑んでいってください。


一歩一歩、自分の足で歩くこと。
他人や世間をどうにかしようと思うんではなく、
満足したいなら、まず自分が行動しなさいということです。


「命」は、人屋根に「一叩き」と書きます。
一叩きの連続が命。生きているってことなんです。


「出来る」と言ったら未来がる。
「出来ない」と言ったら未来がない。
だから、「出来ない」と言ってはだめなんです。





2016.10.01(Sat) | 【か行】:ゴルゴ松本 | cm(0) | tb(0) |