FC2ブログ
最近読んだ本
本を読む人

蓮

Author:蓮
ミステリーやらエッセイやら何やかや、その都度気になった本を読んでいます。
最近はファンタジーもちょこちょこと。

月別読破数
リンク
RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
606位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
361位
アクセスランキングを見る>>


コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

長く短い呪文 / 石崎幸二



長く短い呪文

2001.9.5. / 株式会社講談社



「わたしには呪いがかけられています。」
そう書かれた書置きを残してまみの友達が呪いを解くために実家に帰った。
彼女が帰った先は、彼女の一族だけが住む岐城島。
まみの為に、石崎たちは彼女を追って鹿児島の孤島、岐城島に向かう。

シリーズ第3弾。



呪いとは何か、どんなものか。
今回も石崎たちと共に考えてみましたが、中々解りませんでした。
交通事故で亡くなった姉と双子の妹たちにもかけられているのではという呪い。
最後に解き明かされていく真実。
巧妙に書かれた伏線が繋がっていく様は本当に凄かったです。
最後のしてやられた感が、また良いですよね。
また他の作品も読みたいです。



人に嫌われていてもわたしは平気だけどな。嫌ってくれた方が敵味方わかっていいじゃない


そういう恨みや感情だけでは実害はないわよね。それらが原因となって、その恨んだり嫌ったりしてる人が、なんらかの行動をとらなければね


結局大切なのは、真実か嘘か見極める知識、能力、経験を積むことだよな。




スポンサーサイト



2017.01.21(Sat) | 【あ行】:石崎 幸二 | cm(0) | tb(0) |

QED 竹取伝説 / 高田崇史



QED 竹取伝説

2003.1.10. / 株式会社講談社



不吉な手毬唄が伝えられている奥多摩の鷹群山にある織部村。
この付近で手毬唄になぞらえた殺人事件が起こる。
崇は竹取物語に隠された秘密とかぐや姫の正体を解き明かしながら、殺人事件の真相に迫る。

シリーズ第6弾。



シリーズは違いますが、先日著者の「七夕の雨闇――毒草師――」を読んだばかりなので、重複する内容の部分があってより分かり易かったです。
七夕などに関しては「そうそう、こういうこと言ってたよね」と思うところもあれば、こちらは竹取物語に重点を置いているので初耳なところも多くて面白かったです。
幼い頃から馴染みのある「かぐや姫」にあのような意味が隠されていたとは…と驚くことも多かったです。
また古くから伝えられて来た手毬唄は、よくよく聞くと怖くて悲惨な内容を歌っていたりするんですね。
昔の人々の言葉に込めた思い、歌に込めた願いなどは本当に今と比較にならないほど凄かったんだなと思います。
このような本を読む度に、知らないことが多いなと思います。
知らないことを本を通して今までと違う方向からの解釈を知ることが出来るのは本当に幸せなことだと思います。
またこちらのシリーズも読んで行きたいです。



私たちは、皆、鬼の子孫なのだ。


『ちはやぶる』という枕詞は、もともは『茅葉や葺る』――つまり『茅の葉を葺いた場所に』神様がいらっしゃる、という意味だともいわれている。


墓石には、わりと高い確率で磁鉄鉱が含まれているからね。だから、墓地では人間の脳波が乱れやすくなってしまう。


人間なんて(中略)自殺を除けば、自分がいついかなる時に命を落とすのか、誰一人として解らないんだからね


一つの価値観からだけ世界を見ていると、真実は闇の中に隠れてしまう


『この話は、伊勢にしておこう』(中略)この言葉は『この話は、なかったことにしておこう』という意味なんだ





2017.01.21(Sat) | 【た行】:高田 崇史 | cm(0) | tb(0) |

三毛猫ホームズの<卒業> / 赤川次郎



三毛猫ホームズの<卒業>

1993.12. 光文社 / 1997.2.20. 光文社 / 2002.5.24. 角川書店



結婚式でまるで映画<卒業>のシーンのような出来事が起こった。
「やめろ!」と飛び込んで来た男が花嫁をさらっていったのだ。
そして、花嫁が殺されているのが見つかった。犯人はいったい誰なんだ!?

表題作ほか4編を収録。シリーズ第25弾。



結婚式で花嫁をかっさらっていくなんて、本当に映画のようでドキドキしました。
でもまさか、あのあとあんなことになるなんて。
愛には色んな形があるんだなぁ、と思いました。
誰もが幸せになって欲しいけれど、難しいですね。
色んな形の愛が詰まったこの一冊。
今回もホームズの助言で見事に解決されます。
でも、どれを読んでも物悲しい切なさが残ります。
愛って複雑。時には魔物にもなるし。うまい具合に付き合いたいものです。



2017.01.21(Sat) | 【赤川次郎】:三毛猫ホームズ | cm(0) | tb(0) |