FC2ブログ
最近読んだ本
本を読む人

蓮

Author:蓮
ミステリーやらエッセイやら何やかや、その都度気になった本を読んでいます。
最近はファンタジーもちょこちょこと。

月別読破数
リンク
RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1021位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
582位
アクセスランキングを見る>>


コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

三毛猫ホームズと愛の花束 / 赤川次郎



三毛猫ホームズと愛の花束

平成4年3月25日 / 株式会社角川書店


結婚相談所に一通の脅迫状が届いた。
その後見つかった射殺死体の上には花束が置いてあった。
捜査を始めた片山たちは、お見合いパーティーに参加する。(『三毛猫ホームズと愛の花束』)

表題作ほか、3編収録。シリーズ第15弾。



ようやくシリーズ第15弾を読めました。4編共に面白かったです。
『三毛猫ホームズの名騎手』では馬が登場します。オカルトじみているところが、また謎を深めていて怖くもありました。
馬の恨みか、幽霊の仕業か…謎が解けた時には、悲しい気持ちになりました。
『三毛猫ホームズの夜ふかし』は、ほろっとする場面がありました。健気な少女というのは、いつ見ても応援したくなりますよね。
『三毛猫ホームズの幽霊城主』は劇団が舞台です。人の想いというものは、恐ろしい出来事を起こすんですよね。怖いなぁ。
『三毛猫ホームズと愛の花束』は表題作で、結婚相談所から物語が始まります。いつの時代も恋愛ごとというのは、複雑で、ままならないものなのですよね。お見合いパーティでのやり取りはちょっとクスッと笑えます。
全編を通して、ホームズと義太郎の活躍を楽しませてもらいました。
短編集は色々なお話を読める楽しさもありますね。



人間が、結局、一番身勝手で、醜いのかもしれない。


ま、夜ふかしはやっぱり体に良くないのよ


人間の心の中だけは分からないからな


いや、人間、やり直すことはできるよ。何十年先でも。





スポンサーサイト



2017.06.28(Wed) | 【赤川次郎】:三毛猫ホームズ | cm(0) | tb(0) |