FC2ブログ
最近読んだ本
本を読む人

蓮

Author:蓮
ミステリーやらエッセイやら何やかや、その都度気になった本を読んでいます。
最近はファンタジーもちょこちょこと。

月別読破数
リンク
RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1021位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
582位
アクセスランキングを見る>>


コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

薄紫のウィークエンド / 赤川次郎



薄紫のウィークエンド

1991.9.20. / 株式会社 光文社



杉原爽香、18歳の秋。
父が突然倒れ、入院生活をすることになった。
一方、親友の今日子が交際している大学生の只野にはマリファナ売買に関わっているとの不穏な噂があり、爽香は悩む。

シリーズ第4弾。



久し振りに(なんと、前回は2014年11月でした)杉原爽香シリーズを読むことが出来ました。
このシリーズは1年に1冊発行され、読者の私達と同じように主人公の爽香が歳を重ねていくので、どうしてもシリーズの順番で読みたかったのです。
高校3年生になった爽香は、またひとつ大人の階段を昇って、最初の頃に比べて落ち着きが増えてきていました。
そうだよね、大人になるってこんな段階があったよね、と思いながら読み進めて行きました。
今作では、爽香のあずかり知らぬところでもうひとつの事件が進んでいます。
交錯するふたつの話が最後になるに随い、近付いてくる瞬間がドキドキしました。
爽香のボーイフレンドの明男との関係、明男の母との関係の微妙さが胸に突き刺さります。
色々抱え込み過ぎる爽香が、この先どんな人生を歩んで行くのか、また続刊を順に読ませて頂きたいと思います。



家族に一人、病人が出るって、大変なことね





★★★★☆

読了日:2017.6.9.
スポンサーサイト



2017.06.11(Sun) | 【赤川次郎】:杉原爽香 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://hanairo.blog46.fc2.com/tb.php/641-f2945907
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可