FC2ブログ
最近読んだ本
本を読む人

蓮

Author:蓮
ミステリーやらエッセイやら何やかや、その都度気になった本を読んでいます。
最近はファンタジーもちょこちょこと。

月別読破数
リンク
RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1021位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
582位
アクセスランキングを見る>>


コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

詰みかけ転生領主の改革 1 / 氷純



詰みかけ転生領主の改革 1

2013.8.31. / 株式会社メディアファクトリー



享年29歳の男が目を覚ますと、崩壊ギリギリの領地の領主の息子――ソラ・クラインセルトに転生していた。
横領、賄賂、重税、謀略などが、領主である無能の豚親父の元で横行されていたのだ。
2歳児となった彼は領地改革を成功することが出来るのか。

シリーズ第1弾。



異世界転生ものでもこれはなんと領地改革ファンタジーなのです。
弱冠2歳にして、どう領地改革をしていくのか。
ソラは自身の持つ知識を元に、あの手この手で領地を良くしていこうと奔走します。
まぁ、2歳児なのでもちろん一人でやるというわけには行きません。
中には裏切りがあったり、対抗する人物が出てきたり、ハラハラドキドキも詰め込まれています。
また、本当に本当に、親父どのが無能ダメ領主なのですよね。もう目も当てられないくらいの。
領民たちの苦労は計り知れません。
やっぱり上に立つ者の力量次第というのが大きいですよね。
それだけ、上の人の責任は重大なのですよ。
また、ソラが繰り広げる知能戦も見ものです。そこまで考えているのか、と舌を巻く場面もそこここにあります。
ソラの知識量を見ていると、享年29歳の彼はどんな人物だったのかも気になります。
是非とも、領地改革を成功させて欲しいです。
今後の展開も楽しみです。 



力を合わせる事は難しいが、もしも出来たなら不可能はなくなる。だから可能にしてこい


確かにそこに存在するが見えないモノ、長い間知覚してきたそれを認識し、理解する事。
――そして、利用する事。


“不可能が可能になる”のではない。
“不可能を可能にする”のだ。
その方法が目の前にあり、それを理解し利用する。応用出来る。
さらなる先には、未知の知識と更なる歓喜が待っている。





★★★★☆

読了日:2017.6.23.
スポンサーサイト



2017.06.29(Thu) | 【は行】:氷純 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://hanairo.blog46.fc2.com/tb.php/647-28d5499e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可