FC2ブログ
最近読んだ本
本を読む人

蓮

Author:蓮
ミステリーやらエッセイやら何やかや、その都度気になった本を読んでいます。
最近はファンタジーもちょこちょこと。

月別読破数
リンク
RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
606位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
361位
アクセスランキングを見る>>


コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ / 三上延



ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~

2013.2.22. / 株式会社アスキー・メディアワークス



ビブリア古書堂の二人は、鎌倉の雪ノ下のある家から依頼を受けた。
その家で待ち構えていたのは、膨大な量の江戸川乱歩コレクションだった。
依頼主はこの貴重なコレクションを譲る代わりにある金庫を開けてほしいと言う。
謎解きの中で、行方知れずとなっている栞子の母・智恵子の影が見え隠れする。

シリーズ第4弾。



今回は、栞子の母の智恵子の存在がなんとも不気味に影を落としていました。
大輔のことも知っている智恵子。
その恐ろしいまでの知識量と観察眼。
栞子も今回の謎解きにかけて、奮闘します。
妹・文香の葛藤。
ヒトリ書房の存在。
江戸川乱歩がもたらしたもの。
今回は長編だったので、この話がどのように収束していくのかドキドキしながら読み進めました。
大輔と栞子の関係の微妙な変化も楽しませてもらいました。
栞子と智恵子の母娘対決にはぞわっとしました。
私は恥ずかしながら、江戸川乱歩シリーズはまだ読んだことがありません。
小学生の時に図書館で見かけてはいたのですが、どっちかというとホームズやルパンを読んでいた記憶があります。
江戸川乱歩シリーズについて、この本を通して触れることが出来たのですが、時代によって少しずつ変わっているのですね。
いつか機会があれば、読んでみたいなと思いました。
そして、このビブリア古書堂シリーズがどのようになっていくのか、次作からも楽しみです。



★★★★★

読了日:2018.6.1.
スポンサーサイト



2018.06.04(Mon) | 【ま行】:三上 延 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://hanairo.blog46.fc2.com/tb.php/709-e4f36dfd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可