FC2ブログ
最近読んだ本
本を読む人

蓮

Author:蓮
ミステリーやらエッセイやら何やかや、その都度気になった本を読んでいます。
最近はファンタジーもちょこちょこと。

月別読破数
リンク
RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
606位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
361位
アクセスランキングを見る>>


コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

絵画の住人 / 秋目人



絵画の住人

2012.9.25. / 株式会社アスキー・メディアワークス



バイトでギリギリの生活をしている諫早佑真は、ある日美しい少女に出会う。
彼女の言葉を頼りにAOKI画廊に辿り着いた佑真は、成り行きで雇われ画廊主を始めることになった。
しかし、働き始めた佑真はこの画廊の異変に気付く。
もしかして、ここの絵たちは生きているのでは!?



まさに、「絵画の住人」です。
面白くて一気に読みました。
前作の「騙王」とはまた違ったテイストなのですが、面白い。
絵画のことを良く調べられていて、作中に出て来る絵画がどんなのか気になって読了後に調べました。
見たことのある絵画から、初めて見る絵画まで、色々ありました。
これらの絵画でこの物語が紡がれて行ったんだと思うと、また作中と絵画がリンクして興味深かったです。
今作の主人公の諫早佑真には、ある秘密があります。
読み進めて行く内にそれらが明らかになるのですが、その秘密にはなんともやるせなくなりました。
絵画の住人たちが生き生きと描かれているのが、これまた楽しかったです。
絵画には不思議な力があるのでしょうね。
佑真の変化も楽しめますよ。
続編が出たら、それも読みたいなと思える一冊でした。
また、この著者さんの他の本も読みたいです。



しないでする後悔なら、やってする後悔を選べ。





★★★★★

読了日:2018.6.11.
スポンサーサイト



2018.06.12(Tue) | 【あ行】:秋目 人 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://hanairo.blog46.fc2.com/tb.php/713-68fbd959
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可