FC2ブログ
最近読んだ本
本を読む人

蓮

Author:蓮
ミステリーやらエッセイやら何やかや、その都度気になった本を読んでいます。
最近はファンタジーもちょこちょこと。

月別読破数
リンク
RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
606位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
361位
アクセスランキングを見る>>


コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

フォークの先、希望の後 THANATOS / 汀こるもの



フォークの先、希望の後 THANATOS

2008.10.6. / 株式会社講談社



熱帯魚店でアルバイトする大学生の彼方は、あることがきっかけで生活が困窮していた。
そんな折、破格の日給でのバイトの話が舞い込む。
場所は、あのタナトスの自宅。
背に腹は代えられない彼方は、そのバイトを始めるのだったが…

シリーズ第3弾。



この彼方という新しい登場人物が、新たな波乱を呼び込みます。
彼方自身を含む、彼方の周りの恋愛模様がことを複雑にしていくようで。
恋愛だけでは終わらない、そこにはある種の恐怖も入ります。
古代魚を愛する人たちの様々な思い。
タナトスの周りで起こる、不幸な出来事の数々。
雇先のタナトスに中々会えない彼方。
また、自分の家庭に降りかかっている問題の数々。
友人関係も然り。
前作のような事件の展開とはまた違うのですが、こちらも日常と非日常が入り乱れてハラハラドキドキでした。
また、相変わらず古代魚への熱い思いに圧倒されました。
熱いですよ、本当に。
今後、彼方たちがどうなっていくのか、またシリーズの次作を読むのが楽しみです。



完璧主義者ほど鬱になりやすい。ちゃんとしなきゃダメだって思い込むからだよ。ちゃんとしなくたってテキトーでも生きてけるんだよ、本当は


正しくなくても、誰に憎まれても疎まれても、生きていくことはできる。


取り返しがつかない、なんて自分を追い込んだって何にもならない。〝次はうまくやろう〟――それがアクアリストの合言葉なんでしょ?





★★★★★

読了日:2018.6.14.
スポンサーサイト



2018.06.17(Sun) | 【ま行】:汀 こるもの | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://hanairo.blog46.fc2.com/tb.php/715-a7d790b9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可