FC2ブログ
最近読んだ本
本を読む人

蓮

Author:蓮
ミステリーやらエッセイやら何やかや、その都度気になった本を読んでいます。
最近はファンタジーもちょこちょこと。

月別読破数
リンク
RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
682位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
387位
アクセスランキングを見る>>


コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

火焔の凶器 ―天久鷹央の事件カルテ― / 知念実希人



火焔の凶器: 天久鷹央の事件カルテ (新潮文庫nex)

平成30年9月1日 / 株式会社 新潮社



陰陽師・蘆屋炎蔵の墓を調査した大学准教授が不可解な焼死で亡くなる。
一緒に調査した大学教授たちも原因不明の体調不良の末、死亡する。
火の気のない所での人体発火現象は、墓を暴いた呪いなのか。

シリーズ第9弾。



今回は、不可解な焼死…人体発火現象に焦点が当てられています。
最初の大学准教授の焼死に始まり、他の大学教授たちの身に襲い掛かった原因不明の体調不良。そして死後に起こった発火事件。
今回は、鴻ノ池も大活躍です。
あの、安倍晴明と同時期に存在したという陰陽師の蘆屋炎蔵。
その彼の墓が関係しているのだから、呪いという言葉が頭から離れませんでした。
鷹央は、今回も苦しめられます。
不可解な出来事が続き、小鳥遊も窮地に追い込まれて、一体どうなる事かとハラハラしながら読み進めました。
最後は、あのような結末を迎えたのですが…
なんともやるせない思いが残る事件でした。
小鳥遊の天医会総合病院での勤務も10カ月を過ぎました。
出向期間の終わりが近づいています。
小鳥遊が居るから、鷹央は活躍出来るといっても過言ではありません。
今後、彼らがどのような未来を歩いて行くのか、これからも楽しみにしています。



★★★★☆

読了日:2019.3.17.
スポンサーサイト



2019.03.18(Mon) | 【た行】:知念 実希人 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://hanairo.blog46.fc2.com/tb.php/782-a7ff6b85
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可